バンクーバー五輪のスノーボード・男子ハーフパイプ日本代表、国母和宏選手(東海大)の服装が乱れていた問題を受け、東海大は15日、札幌市南区の札幌キャンパスで予定していた国母選手の応援会を中止すると発表した。同大広報担当は「服装の問題や会見時の態度などで、多くのおしかりを受け、本学としては心から応援できないと判断し、自粛することにした」と話した。

 同大は、札幌キャンパスで学生と教職員が参加して150インチの大型モニターを見ながら、国母選手の応援会を予定していた。

 国母選手は批判を受け、選手村入村式への参加を自粛したほか、開会式への出席も取りやめた。【内藤陽】

【関連ニュース】
バンクーバー五輪:中心部で反対デモ 参加者7人逮捕
バンクーバー五輪:視聴率、開会式は25.4%…関東地区
五輪モーグル:上村の出身地で「アイ、アイ」コール
五輪モーグル:「4年後も」8位村田、満面の笑み
五輪モーグル:遠藤、附田、西の3人が決勝進出

温暖化基本法、環境税など盛り込みは「無理」 直嶋経産相(産経新聞)
民家火災で2人死亡=高齢夫婦か-山口・美祢(時事通信)
空き巣50件か、64歳男逮捕=「生活費に使う」-警視庁(時事通信)
<ピザハット>プリンに製造器具部品の一部が混入の疑い(毎日新聞)
人の見た目は歯が命? ライオンが意識調査(産経新聞)