遂にプロレスのライセンス制度発足について動き始めた様です。

新日本、全日本、ノアの代表者が会談をして11月に発足する事で合意したそうで、新日本の山本小鉄相談役が制度委員長だそうです。

諸問題はありますが、これは間違いなく大きな一歩でしょう。

今までライセンス制度は夢物語の様に語られてきたんですからね。
多団体時代の弊害で素人の様な人間がリングに上がり、エンターテイメントの名の下に芸能人がレスラーよりも目立ってしまう現実。
余りにも寂しすぎるプロレスの実情に一石を投じる試金石になってほしいですね。

この先の問題としては他団体を何処まで引き込めるのか?

またはライセンスを所有しないレスラーを今後使えるのかという事だと思います。

抽象の世界だからこそプロレスなんですが、アマチュアとプロの定義すら出来ないのはこまりものです。

個人的にはメジャー団体の徹底的な差別化を図る事が大切だと思いますが、細かい部分を考えると結局は難しいのでしょうね。

以前は鍛え抜かれた超人と最強を自負する事がプロレスラーのライセンス変わりだったのが今はその形跡も無い訳ですからライセンスという形で新しい自尊心を育んでほしいと思います。

三沢光晴の死から始まったプロレス界の改革です。

構造改革の実現した先には明るい未来があるんじゃないでしょうかね。

願望ですけどね(苦笑)
人気ブログランキングへ

ダイスケでしたm(__)m