鳩山由紀夫首相は5日、連合の古賀伸明会長との会談で民主党のマニフェスト(政権公約)の「大胆な見直し」を進言されたことに関し、「政権を取った後に分かったことに関し、『大胆にやるのもいいではないか』という古賀会長の指摘はありがたい」と述べ、昨年の衆院選で掲げたマニフェストの修正に前向きな考えを示した。一部を断念することにも柔軟な考えを示したとみられる。首相官邸で記者団に語った。【山田夢留】

【関連ニュース】
後半国会:本格化 民主、目玉法案審議入り
鳩山首相:連合会長と「政府・連合トップ会談」
鳩山首相:戸別補償、コメ以外でも リアル鳩カフェで
鳩山首相:小沢幹事長、稲盛氏と会食 政権運営など協議か
参院選:「小沢ガールズ」再び 新人27人中、女性13人

父離れた30分内に炎上…幼児4人死亡(読売新聞)
2年間で230回=インド洋給油・給水(時事通信)
iPS細胞から高効率で肝細胞作成 阪大など(産経新聞)
東大が助教を処分 「記載ミス」と弁明(産経新聞)
文科OB天下り2社 理研の20、21年度委託9件 すべて「1社応札」(産経新聞)