気象庁は22日、5~7月の3カ月予報を発表した。今春は寒暖の差が大きく、今月も23日からほぼ全国的に気温が低くなる見通しだが、5月は北日本(北海道と東北)を除いてほぼ平年並みの天候に戻るという。
 一方、北日本は5月も寒気の影響を受けやすく、その後も冷夏の可能性がある。これは太平洋高気圧の北への張り出しが弱いと予想されるため。気象庁は農作物の管理に注意を呼び掛けた。
 沖縄・奄美地方は6月、東・西日本は7月を中心に梅雨らしい天気になる見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・九州地方の天気

全国の検察庁会見を開放=記者クラブ外にも-最高検(時事通信)
事業仕分け第2弾、151事業が対象に(読売新聞)
<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)
<飯塚市長選>斉藤氏が再選 福岡(毎日新聞)
<石巻3人殺傷>「回避できた可能性」検証報告 宮城県警(毎日新聞)