北海道釧路市で漁船員の男性を刺殺したとして、殺人などの罪に問われた知人の漁船員阿部和行被告(66)の裁判員裁判の初公判が16日、釧路地裁(金子大作裁判長)で開かれた。阿部被告は起訴内容について、「殺すつもりはなかった」と述べ、殺意を否認した。
 弁護側は被害者の致命傷について、第三者が止めに入ってもみ合ううちに包丁が刺さり、死に至ったとし、傷害罪にとどまると主張した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
強盗殺人、起訴内容認める=裁判員1人を解任
強殺認定に不服、弁護側控訴=2人殺害、裁判員判決で
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却

CO2が20分の1、過熱水蒸気式ごみ処理システム開発(産経新聞)
<裁判員裁判>「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張(毎日新聞)
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ(産経新聞)
雑記帳 「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)
<普天間移設>23日に協議 政府案まとめ目指す(毎日新聞)