広島の指定暴力団共政会会長の恐喝事件をめぐり、被害届を出さないよう関係者を脅したとして証人威迫罪に問われた弁護士関元隆被告(69)=広島弁護士会=の差し戻し審判決が19日、広島地裁であり、奥田哲也裁判長は懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。
 判決は、弁護側の「情報を伝達しただけ。迫っていない」などとの主張を退け、「威圧行為として、刑事司法の適正な運営を侵害する危険性を有するのは明らかで、強談威迫行為に該当する」とした。
 一審広島地裁は2007年7月、被害者とされる男の供述について「信用性を十分認めることができない」として無罪を言い渡した。しかし、二審広島高裁は08年6月、「供述は重要な部分で十分信用できる」と一審判決を破棄、審理を地裁に差し戻していた。 

【関連ニュース】
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑
体内に覚せい剤隠す=機内で苦しみ発覚、組員逮捕
コンビニ強盗、おでん食べ居座る=「通報すればいい」と店員に
山本死刑囚が病死=組長ら5人射殺
マンションで男性撃たれ死亡=暴力団幹部か、殺人で捜査

政治とカネ、谷垣氏攻め切れず=党首対決も自民内に不満(時事通信)
<少子化対策>認可保育所の定員年5万人増へ 来年度から(毎日新聞)
<シリーズ映画>「釣りバカ20」で消滅 製作委方式などで(毎日新聞)
<渋谷暴動事件>29年ぶりに控訴審再開か(毎日新聞)
「小沢先生へ 畳の部屋」=4億円返済、手帳に記載-元秘書、捜索で押収・東京地検(時事通信)