関西国際、大阪(伊丹)、神戸の関西3空港をめぐる問題で、伊丹廃港を強く訴えていた橋下徹知事は3日、国土交通省成長戦略会議の中間整理素案に自身の意見が反映されたとして、「伊丹の問題については僕の役割はほぼ終わった」と述べた。素案には、成田国際空港会社の株式上場益を関空の支援にあてることなどが盛り込まれている。

 素案の詳細は公表されていないが、橋下知事は「素案には伊丹廃港の検討も盛り込まれたという情報もある。地元の半数ぐらいが伊丹廃港を望んでいるという声を国に伝えることができたので、国の流れを『廃港もありうる』ということに変えた。今後、僕は跡地をどうするのかについて地元に説明していく」と話した。

 新年度予算編成をめぐり、予算計上への判断を保留していた関空関連の3事業についても予算計上すると決断。「素案で国のビジョンが固まったので、前原誠司国土交通相を支えるためにも、計上する」とした。

「凛の会」発起人 「自分の罪認める」 郵便不正公判(産経新聞)
ストーカー容疑のノエビア・大倉副社長退任(読売新聞)
南九州市で竜巻=滑り台20メートル飛ぶ-鹿児島気象台(時事通信)
石川被告進退、民主に離党論 「まず本人意思」首相辞職言及(産経新聞)
お灯まつり 山から滝のように流れる炎 和歌山県新宮市で(毎日新聞)