岡山弁護士会所属の黒瀬文平弁護士(68)が、被疑者国選弁護費用を水増し請求したとして詐欺容疑で刑事告訴された問題で、岡山県警は25日、黒瀬容疑者を同容疑で逮捕したと発表した。黒瀬容疑者は「過失であり、だまそうとはしていない」などと容疑を否認しているという。

 容疑は07年3月~08年5月、受任した7事件で、実際は24回しか容疑者と接見していないのに47回と報告、日本司法支援センター(法テラス)から弁護報酬として約78万円をだまし取ったとされる。県警によると、このうち水増し請求分は約31万円という。【石戸諭】

【関連ニュース】
脱税容疑:弁護士、会計士ら逮捕 土地取引で7.7億円
日弁連:「第三者委」でガイドライン
弁護士懲戒処分:銃口向けた写真で「脅迫状」
日弁連会長選:当選基準満たさず 初の再投票に
日弁連会長選:3月10日に再投票、即日開票

無登録でマンション管理 適正化法初適用 容疑の男書類送検(産経新聞)
「供述調書はでっち上げ」=厚労省元局長公判で元係長-大阪地裁(時事通信)
強制わいせつ罪で警部を追起訴=弁護人は「潔白」主張-福岡地検(時事通信)
チリ地震、半世紀前も=津波襲来、140人死亡(時事通信)
大津波警報 震源近くで被害甚大(産経新聞)