航空自衛隊小松基地(石川県小松市)で2008年、内部文書などを記録したUSBメモリーがなくなり、同基地小松地方警務隊が窃盗容疑で捜査していることが22日、わかった。

 同基地はUSBに含まれるデータについて、「防衛機密ではない」としている。

 同基地によると、小松市園町の石川県小松県税事務所のトイレで08年3月19日、「航空自衛隊小松基地」と書かれた封筒に入ったCDが見つかった。CDには「管制隊業務資料」と印字され、同基地管制隊員の勤務予定表などが記録されていた。

 基地が調査したところ、CDの記録データを含むUSB3本がなくなっていることが判明。USBは管制隊長が管理しており、盗まれた可能性が高い。

 同基地渉外室は、一連の経緯をこれまで明らかにしなかった理由について、「調査中だった」と説明している。

無言で1万円札わしづかみ、大阪のコンビニに刃物強盗(産経新聞)
<雑記帳>元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
<ダルライザー>福島県選管、ご当地ヒーローを表彰 昨夏衆院選で投票率アップに貢献(毎日新聞)
能古島切断遺体 尻に複数のあざ 他の部位を捜索(毎日新聞)
指導力「国民に示す」=政権半年を総括-鳩山首相(時事通信)