社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は24日の参院予算委員会で、米軍普天間飛行場の移設問題について「社民党は沖縄県内に新たに基地が作られることに明確に反対」と持論を述べた。ただ、政府が県内移設を決めた場合は連立離脱かと問われると、閣僚としては県内移設でも従う可能性を示唆するなど、揺れる心情をうかがわせた。

 自民党の舛添要一前厚生労働相が質問した。福島氏は「連立政権の中で力の限り政策実現をやっている」としたが、「社民党百パーセントの政権ではない」とも語り妥協の可能性を示した。

 こうした姿勢を評価したのか、国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相が「(福島氏は)成長した、成長した。大したもんだ」と閣僚席から声をかける一幕もあった。

 福島氏は最近、自衛隊合憲論や原発推進政策で「党は反対だが閣僚として従う」という二重基準を多用しており、普天間問題でも同様の対応に追い込まれる可能性がある。

【関連記事】
民主・喜納氏「県内なら内閣総辞職を」普天間移設問題
22年度予算が成立 戦後5番目の早さ
このままでは…普天間問題「米軍居座り」最悪のシナリオ
首相の普天間有事使用発言「理解に苦しむ」 自民・石破氏
「現在の計画が最善」 普天間問題などで米国防次官補代理が証言
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<桜>大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
コスト負担論議、難航も=再生エネ買い取り制度導入で(時事通信)
JR西歴代3社長 起訴へ 遺族「これで言葉聞ける」(産経新聞)
民主・渡部氏「国民が辞めてほしい人は辞めよ」「世論大事にしないと民主党亡ぶ」(産経新聞)
生方副幹事長は続投、小沢氏の要請受け(読売新聞)