米国から09年9月に輸入された牛肉に、BSE(牛海綿状脳症)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位の脊柱(せきちゅう)が混入していた問題で、農林水産省と厚生労働省は20日、混入が起きた2施設の「安全性の改善が確認できた」として、両施設からの輸入停止措置を同日付で解除すると発表した。

 輸入停止措置が解除されたのは、タイソン社レキシントン工場(ネブラスカ州)とクリークストーン社工場(カンザス州)の2施設。両省の担当者が09年11月、現地を視察し、混入は偶発的なもので、システム上の問題ではない▽混入の再発防止措置が講じられている--などの点を確認できたとして、輸入再開を決めた。【太田圭介】

【関連ニュース】
郵便不正:村木被告の初公判27日に 厚労省元局長
在宅酸素療法:過去6年間に26人死亡…厚労省が注意
臓器提供:親族への優先、厚労省が運用指針改正
無料低額宿泊所:厚労省、運営費助成へ 優良施設を選別
糖尿病患者:生活習慣改善で脳卒中が減少 厚労省調査

元オウム真理教幹部、新実被告の死刑確定へ(産経新聞)
ライフル弾は「実弾」=小沢幹事長事務所への送付-警視庁(時事通信)
「砂の文化」発信 鳥取砂丘砂像連盟が発足(産経新聞)
自宅でタンチョウ観察…15日朝からネット中継(読売新聞)
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示(時事通信)