【ジュネーブ=平本秀樹】世界保健機関(WHO)の執行理事会(日本など34か国で構成)は22日、酒の安売りや「飲み放題」の規制など、過度な飲酒を減らすための指針案を承認した。

 WHOは2003年の総会で「たばこ規制枠組み条約」を採択しており、次はアルコールの規制に向けて一歩を踏み出した形だ。

 指針案は、「04年の飲酒に起因する死者数は250万人にのぼり、このうち32万人は15~29歳の若者だった」と分析。「大酒飲みや若者は価格の変化に敏感」だとして、飲み過ぎや未成年者の飲酒を減らすには酒類の値上げが「最も有効な手段の一つ」と指摘した。

 さらに、定額で無制限に飲酒できる居酒屋などの「飲み放題」や酒類のディスカウント販売の禁止・制限、アルコール飲料の販売促進を目的としたイベントの規制なども提案した。

<河野太郎氏>青木氏出馬表明に「古い自民の代表」(毎日新聞)
元「モー娘。」後藤真希さんの母親が死亡 酔って自宅3階から転落か(産経新聞)
財政出動の継続を確認=鳩山首相とIMF専務理事(時事通信)
政教分離訴訟 「市有地に無償で神社」は違憲 最高裁(毎日新聞)
【いきいき】「女子ラーメン部」仕掛け人 松本きよりさん(産経新聞)