大阪府の橋下徹知事が提唱する府市再編による「大阪都」構想について、大阪市の平松邦夫市長は8日の記者会見で「体制を変えればメリットにつながるというのは目くらまし。大阪都が何かを変えるなんて幻想に過ぎない」と批判し、考え方の違いを強調した。

 平松市長は「構想の実態が見えない」としたうえで、大阪市と周辺市を人口30万人規模の「特別区」に分割する案が浮上している点について、「上から目線という感じがする」とけん制。また、橋下知事をトップに19日に旗揚げする地域政党「大阪維新の会」が、大阪都構想を掲げて来春の市議選で過半数獲得を目指す動きについて、「自分の意見を聞かない者は敵という知事の手法は余りにもワンパターンだ」と指摘した。

 一方、市議会最大会派の自民党市議団は8日、緊急総会を開き、維新の会への参加について、議員個人の判断に委ねることを確認した。市議団としては参加しない方針で、府市再編のあり方について同党府議団と合同で勉強会を開き、結束を固める考えだ。

<囲碁>早慶、15回の授業で単位取得(毎日新聞)
重文の古代装身具、修復終了=吉野ケ里遺跡「管玉」-奈良(時事通信)
橋下知事が昨夏の各党マニフェスト採点を公表 民主党に「高くつけすぎた」(産経新聞)
<福岡発砲>西部ガス支社に脅迫文など届く(毎日新聞)
ISS 宇宙でお国の自慢料理食べ比べ?日米露の飛行士(毎日新聞)