日弁連の選挙管理委員会が12日開かれ、次期会長選の再投票を3月10日に行うことを正式決定した。今月18日に公示する。会長選の再投票は初めて。再投票で決まらなければ、改めて候補者を募り、再選挙が行われるが、現会長の任期が切れる4月までに新会長が定まらない事態となる。
 候補者は、いずれも東京弁護士会に所属する宇都宮健児(63)、山本剛嗣(66)両氏。5日の投開票の結果、山本氏は総得票で宇都宮氏を約1000票上回ったが、全国52弁護士会のうち、42会で宇都宮氏が最多票を獲得。両氏とも当選条件を満たさなかった。 

【関連ニュース】
日弁連会長選、初の再投票に=法曹人口問題が争点

社民、小沢氏に政倫審出席促す方針(読売新聞)
作家、詩人の川崎彰彦氏死去(時事通信)
帰国の公認会計士を逮捕=GWG買収仲介脱税-東京地検(時事通信)
日記に「説明ちんぷんかんぷん」=山本病院患者死亡事件-奈良県警(時事通信)
日本のGDP、2位を維持=10年は中国が抜く公算(時事通信)