先週就任した枝野幸男行政刷新担当相は15日午前、内閣府で職員に訓示した。枝野氏は「行政刷新の仕事は、まず自らの足元から刷新を進めていくことが必要だ」と述べ、内閣府が率先して業務の効率化に取り組む考えを強調。また、「自らのことを真っ先に、これでいいのかという視点でやっていく姿勢を皆さんに共有してもらえれば、各役所や独立行政法人、公益法人や国民も理解し、応援してくれる」と語った。 

【関連ニュース】
国の出先3万5000人以上削減=統廃合推進
4月に仕分け第2弾=財源捻出に疑問符も
衆院予算委の詳報
支持率下落、迫る危険水域=小沢氏の進退再燃も
枝野氏は法令解釈担当も=官房長官より適任

<日本脳炎ワクチン>10年度勧奨見送り 厚労省審議会(毎日新聞)
小沢幹事長の公開資産「今回も預貯金ゼロ」(読売新聞)
エンダン文庫 母国でも語り継ぐインドネシア人青年の勇気(毎日新聞)
<鳩山首相>冬季パラリンピック選手にエール(毎日新聞)
留置場で花札、黙認した警部補ら3人を処分(読売新聞)