標高880メートルから神戸の夜景や六甲山の自然が楽しめる六甲ガーデンテラス(神戸市灘区)に7月、新展望台がオープンする。同施設を運営する阪神電鉄の子会社、阪神総合レジャー(大阪市福島区)が25日、発表した。

 六甲山新展望台(仮称)は、平成14年11月に老朽化のため営業を終了した「回る十国展望台」跡地に建設。2階建て展望台の中央に煙突を配し、木製のフレームで全体を覆うデザインを採用。冬には六甲の風などを利用してフレームに霧氷を着氷させ、自然に溶け込むようにしたという。応募103作品の中から、若手建築家の三分一博志氏の作品が選ばれた。

【関連記事】
「六甲山氷の祭典」開幕 幻想的な美しさ
お先にシュプール! 初滑り満喫 六甲山人工スキー場
神戸・六甲山 人工スキー場で雪づくり
まさに霜降…一足早い冬支度 神戸・六甲山小で「火入れ式」
六甲山&有馬温泉が観光コラボ 阪急・阪神統合で加速

人気列車引退の28日「撮り鉄」の“脱線”警戒(読売新聞)
全国5番目の規模の河内大塚山古墳は未完? 初の立ち入り調査(産経新聞)
「春節」アキバ盛況 中国人観光客「炊飯器20台」(産経新聞)
高速増殖炉もんじゅ再開、原子力安全委が了承(読売新聞)
自民が審議復帰を決定、3日ぶり国会正常化(読売新聞)