■「与党慣れしていない」「選挙を知らない」

 仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて、20日午前の閣議後の記者会見で各閣僚から批判が相次いだ。

 枝野幸男行政刷新担当相は「(鳩山由紀夫首相退陣という)仮定が成就しないように今、一生懸命にやるのが閣僚。仮定が成り立った以降のことを考えたり、話したりしない方がいい」と指摘。前原誠司国土交通相も「首相から任命された閣僚が軽々に、そういった発言をするのはいかがなものか」と疑問を呈した。

 中井洽(ひろし)国家公安委員長は「与党慣れしていない。閣僚が首相の進退とか(衆院)解散に触れることは全くタブーだということが染み込んでいない」と断じ、赤松広隆農林水産相は「選挙を知らない人が言うことだ。ダブル選挙の可能性は1%もない」と語った。

 仙谷氏は16日にテレビの番組収録で、鳩山首相が今夏の参院選前に退陣した場合、「ダブル(選挙)を問う可能性があるというか論理的にはそういうことになる」と述べた。

【関連記事】
遅刻原因は「事務的な日程管理のミス」 答弁書
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
鳩山首相、高速新料金「前原案をベースに議論を」
歯車逆転「官製マネー」 政府系金融、機能強化の動き
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

JR西社長 国交相に改善状況報告 報告書漏えい問題で(産経新聞)
ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)
ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
盛岡ごみ処理場、二審も談合認定=JFEに9億円超の賠償命令-仙台高裁(時事通信)