新日鉄エンジニアリングは19日、国内で初めて生ゴミなどの食品廃棄物からバイオエタノールを製造するプラントの実用化に成功したと発表した。

 全国の自治体などに販売する方針だ。

 プラントは、1日当たり約10トンの食品廃棄物から、約500リットルのエタノールの製造できる。販売するプラントの食品廃棄物の処理能力は1日当たり60トン程度で、販売先は主に人口が30~40万人の都市を想定していて、プラントの価格は10億~20億円。

 このプラントを使えば、食品廃棄物の焼却処理が不要になる。回収したエタノールを自動車の燃料などに再利用すれば、従来のゴミ処理施設よりも二酸化炭素(CO2)排出量を30~40%削減できるという。

予防接種法の抜本改正へ5月に実態調査(医療介護CBニュース)
タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)
日本創新党 首長らが新党 党首に山田・東京都杉並区長(毎日新聞)
米フェデックス機が部品脱落=最大130センチ、滑走路に-成田空港(時事通信)
玄米3・6トン、フォークリフトで盗み出す(読売新聞)