原爆症の認定申請を却下された被爆者が国を相手取り、却下処分の取り消しなどを求めた原爆症認定集団訴訟(東京訴訟)の上告審で、最高裁第2小法廷(須藤正彦裁判長)は、2審でただ1人、原爆症と認められなかった要石謙次さん(84)の上告を棄却する決定をした。

 決定は19日付。要石さんの敗訴が確定した。

 2審・東京高裁は2009年5月、国から原爆症と認定されなかった原告10人のうち、9人を原爆症と認定し、処分を取り消す判決を言い渡したが、要石さんについては、広島市を訪れたのが原爆投下から12日後の1945年8月18日だったことなどから「被爆の程度は低い」と判断していた。

<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)
山内衆院議員の元秘書逮捕=3千万円詐取容疑-警視庁(時事通信)
シュワブ陸上案、米に打診=普天間移設で政府検討(時事通信)
新防衛大綱向け論議=有識者懇が初会合(時事通信)
日本酒“良・縁”イタリア料理 リゾットに純米大吟醸(産経新聞)