2007年06月05日

クロノスとカイロス

河合隼雄さんの本を読んでて知った言葉。

クロノスとカイロス

どちらもギリシャ神話の神様の名前で、どちらも意味は「時」。
しかしクロノスは「時計で図ることのできるような時」、
一方カイロスは「ここぞという好機」
という違いがあります。カイロスの方が説明しにくいんですが、
パウル・ティリッヒという神学者は”成就の時”という意味を与えてるらしいです。
一定の速度では進まない時、ということかな。

ところで、クロノス/カイロスとはずれてしまうんですが、

A 客観的な時間尺度
B  観的時間尺度

時間にもA客観的/B主観的ってあるよなあと信じてます。
あ、この場合、A絶対的/B相対的っていってもいいかもです。
もちろん僕はB時間重視で生きてきたいんですが、
社会の中で生活してる以上B時間ばっかりでは人に迷惑もかけちゃうし、
自分もこまります。でも、A時間だけの生活もつまんないはず。
そこでうまく、A時間とB時間を混ぜなきゃなんですが、
・これに関する僕のB時間は他の人とちがうみたい
・こういうときはA時間優先で行っといたほうが、いいね。
というふうに、対自分の特性を知っとくといいなあと、今日思った。

************************
ジムを出てから5分で電車に乗れるけど、そのようなスケジュールでは
急ぐから、しんどいから、多少バタバタしてでももうちょっと早く駅にむかった
ほうがいい、ということに今日は気が付いた、
ってそれだけのことなんですけどね。

人気blogランキング
(よかったらワンクリック お願いします!)



d79254oberried at 01:27│Comments(0)TrackBack(1)思ったこと 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. カイロス、GO-Global 用シンクライアント プラットフォーム  [ neoの日記-in携帯電話 ]   2007年06月19日 14:31
株式会社カイロスは、米国 GraphOn Corporation の「 GO-Global 」をベースとする、シンクライアント プラットフォーム「Luke Ver1.0」を18日に発売する。Luke Ver1.0 は、デスクトップ環境、ユーザー認証機能、リモートプリンティング、FAX 機能およびモバイル端末のサポー...

コメントする

名前
URL
 
  絵文字