鳩山由紀夫首相は28日の参院予算委員会で、夫人の幸さんが27日に受賞した「日本ジュエリー・ベスト・ドレッサー賞特別賞」の賞品の宝石類について「ユニセフ(国連児童基金)を通じてハイチの地震(の被害者のため)に寄付した」と述べた。首相は実母からの提供資金に関して支払った贈与税の一部返金分を受け取らない意向を示しており、不況の中、夫婦そろって世論を強く意識した対応となった。

【写真特集】カリブ海のハイチでM7.0 被害拡大、救援進まず

 幸夫人の寄付については、自民党の世耕弘成氏が「大不況で国民が大変苦しんでいる。首相自身に(偽装献金の)疑惑がある中で、辞退すべきだったのではないか」とただしたのに対し、首相が答弁で明らかにした。

 一方、鳩山首相が02~08年に実母から提供された資金に関し、昨年12月に贈与税として払った約5億7500万円のうち1億3900万円が時効の関係で返金される可能性がある。

 公明党の弘友和夫氏が「(返金されたら)日本のために使っていただきたい」と求めると、鳩山首相は「ハイチかどうかは別にして、何らかの処置をしたい」と受け取らない考えを改めて示した。【野原大輔】

【関連ニュース】
参院予算委:鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で
鳩山首相:参院選後に省庁再編の意向
鳩山首相:普天間移設「5月までに出す」
鳩山首相:「国民から失笑」今度は自嘲 言葉軽く

今春の花粉飛散量 例年並みか少なめ(産経新聞)
<爆破予告メール>入間市に送った疑い 中3男子生徒逮捕(毎日新聞)
<少女水着画像>「ジュニアアイドル」都が保護者指導を検討(毎日新聞)
<鳩山首相>施政方針演説の概要判明 「命を守る」がテーマ(毎日新聞)
再診料の統一「12年度に向け検討を」―民主・梅村氏(医療介護CBニュース)