大阪万博から40周年を記念して夜間点灯が復活することになった「太陽の塔」の両目の点灯記念セレモニーが27日、大阪府吹田市の万博記念公園で開かれた。点灯は午後7時から毎日実施する予定で、継続的に点灯するのは開催当時以来。

 この日のセレモニーで、塔の一番上にある「黄金の顔」の両目(直径約2メートル)が白い光を放つと、大勢の来園者から歓声が上がった。塔の絵を緑色のレーザー光線が照らし、夜空には色とりどりの花火が彩りを添えた。

 点灯は万博開催当時、強い光だったため空港路線に配慮して期間限定だったが、今後、当時より照度の弱い発光ダイオード(LED)を使用して継続的に点灯する。

【関連記事】
「若い太陽の塔」を公開 万博前に岡本さんが制作
「地底の太陽」はどこにいる?情報提供ゼロで関係者お手上げ
太陽の塔に“第4の顔”「地底の太陽」を探せ! 情報募集
反博の巨像だった太陽の塔
芸術は爆発だ! 太陽の塔をデジタルアートに
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<放火3人殺害>29歳女に無期懲役 さいたま地裁判決(毎日新聞)
「陸」の慎太郎、西郷も認めた「節義の士」(産経新聞)
日医会長選に4人が立候補=政治的立場が最大の焦点(時事通信)
公務員の希望退職検討=仙谷担当相(時事通信)
西日本中心に気温上昇、強風=大分で29.3度、記録続出-低気圧接近、警戒を(時事通信)