生命保険に損害保険…種類が多すぎてどの契約をしたらいいのかよく分からない、見直しをしたい、という話をよく聞く。そんな時に頼られているのが、「乗合来店型」と言われる保険代理店。一社だけではなく、数社の保険会社から、その人に適した“商品”を紹介してくれる。この時期、どうしようかと考えている新社会人もどうぞご参考に。(小林忍)

 ファイナンシャル・プランナーで、乗合来店型保険代理店『保険クリニック』新宿店(東京・新宿)、神林静江マネジャーに、その利点を説明してもらおう。

 「まず、どこの保険会社にも偏らない中立的なアドバイスが受けられる。各保険会社の商品比較が簡単にできるので、自分の希望に合ったオーダーメイドな保険加入が可能。だから、一度に数社の加入手続きができる。言ってみればいいとこ取りです」

 この『保険クリニック』では、同社が独自に開発した『保険IQシステム』という分析・検索システムを使って、たちどころに各保険会社の商品、種類、名称、保険料、期間などの比較を行い、相談に対応している。

 ただ一つ、ファイナンシャル・プランナーとして神林さんは、「この新宿店も毎日、6組ほどお客さまが見えますが、来店型なので、実際に店舗に足を運んでもらわないといけないのが負担といえば負担ですかね」と恐縮する。

 確かに保険の加入といえば、各保険会社の営業職員が会社、もしくは各家庭まで出向き、説明をして勧誘するというのが一般的だ。財団法人生命保険文化センター(村井博美理事長)の実態調査でも、民間保険契約では生保の営業職員から勧誘を受けて加入した人が68・1%と、乗合来店型を含む代理店の6・4%、新聞やネットなどの8・7%を大きく引き離している。

 こういった乗合来店型保険代理店が登場したのは、平成8年4月の改正保険業法の施行からだ。1社専属制だった代理店は、複数社と契約できるようになり(乗合型)、よりバラエティーに富んだ商品を取り扱えるようになった。

 「わが社も平成7年の設立。平成11年に直営店をオープンして、この3月末で41都道府県に123店舗を展開できるようになった。取り扱い保険会社は生保24社、損保7社の31社で、7年連続増収中」。『保険クリニック』を展開するアイリックコーポレーション(東京都文京区、勝本竜二代表取締役)経営企画室、小田切正浩課長の鼻息は荒い。

 ただ、間違ってはいけないのが、小田切課長が説明するように、取り扱い保険会社の数と商品数が代理店によって違うこと。生命保険文化センター生活情報室、田熊博文主査も「生命保険協会に加盟している47社すべてから選べるのではなく、あくまでも代理店が契約している保険会社の中で選ぶので、その点をよく吟味して、自分に合った契約を」と話す。

 同センターでは生命保険に関する相談も受け付けている。電話は03・5220・8520。土、日、祝日を除く毎日午前9時半から午後4時まで。

 神林さんは言う。「スーパーで買い物をするときは、チラシなどで買いたい商品を見比べて出掛けるのに、保険ではそうしない。見直しを含め、ぜひ一度、利用されることをお勧めします」

 【主な乗合来店型保険代理店】『保険クリニック』=アイリックコーポレーション▽『ほけんの窓口』=ライフプラザホールディング▽『保険市場』=アドバンスクリエイト▽『保険見直し本舗』=ウェブクルー、などがある。各社特徴を生かした展開をし、アドバンスクリエイトはヘラクレスに、ウェブクルーはマザーズに上場している。

【関連記事】
「巨艦」かんぽ、生保第3分野参入へ 民間警戒 生存懸かる過当競争
保険会社も資本規制を強化へ 国際機関が13年までにルール策定
損保再編 3メガ体制で競争激化へ 
改正金融商品取引法が成立 金融危機の再発防止策
保険、証券の危機対応が課題 G20受け日本の金融規制強化

自民、参院選で三原じゅん子氏を公認 あべ静江氏も検討(産経新聞)
東北大助教の解雇は不当=データ転用で懲戒、仮処分認める―仙台地裁(時事通信)
機会失った? 村井仁知事、憶測呼ぶ退任理由(産経新聞)
報道適切なら国民も理解=内閣支持率下落に菅副総理(時事通信)
【ぐるり地球紀行】今回は「台湾」をぐるり 山紫水明、神秘の眺め(産経新聞)