公明党の神崎武法元代表(66)=衆院比例代表九州ブロック=と坂口力元厚生労働相(75)=同東海ブロック=が衆院議員の任期満了前に辞職し、政界を引退する意向を固めたことが22日、分かった。複数の党関係者が明らかにした。世代交代を進めるのが狙い。10年に及んだ自公連立政権を党と政府で支えた両氏の引退は、公明党の自民党離れの動きを一層加速させそうだ。
 神崎氏は月内にも、坂口氏は夏の参院選後にそれぞれ辞職する方向で調整している。神崎氏が議員辞職した場合、昨年の衆院選の比例九州で次点だった遠山清彦元参院議員(40)が繰り上げ当選する。坂口氏の辞職となれば、比例東海の次点だった伊藤渉元衆院議員(40)が繰り上がる。 

水道止められ、激怒した男の言い訳 (産経新聞)
夜にも黄砂飛来、あすには北海道以外に拡大へ(読売新聞)
「警察は被害女児家族におわびを」公安委員長(読売新聞)
【一筆多論】石井聡 自民の財政危機直視を(産経新聞)
みんなの党・江田氏「権力闘争に国民は辟易」 新報道2001抄録(産経新聞)