検察が出した「不起訴」とは異なる結果が出たことに、検察庁内の受け止めはさまざまだった。

 東京地検の大鶴基成次席検事は「本日議決書の送付を受けた議決については、その内容を十分に検討し、適切に対処したい」とコメントを発表した。

 小沢氏は一連の捜査について「政治的、法律的に公正を欠く」と検察批判をした過去があるだけに、ある幹部は今後始まる再捜査について「政局に与える影響も大きいだろう」と小沢氏とのバトル再燃を懸念。

 別の幹部は「国民の『常識論』からの判断なのだろう」と冷静に受け止めた。「検察官は相手に黙秘権がある中で百パーセントの立証責任を負っているが、検審は違う。判断が異なるのは当然」との声もあった。

 検審が「小沢氏の共謀共同正犯が成立する」と認定した点に、「同じ証拠で共謀が認定できるとは」と驚いた様子で受け止める幹部もいた。

【関連記事】
会見8分「やましいことない」と押し切る
東京第5検察審査会の議決要旨
今後はどうなる? 明石歩道橋事故のような事態も
「早急な体質改善を」経済界、批判と困惑
橋下府知事、小沢氏との会談はキャンセル
「裸の王様」次に座るのは…

<金沢切断遺体>飯沼容疑者を再逮捕 殺意は否認(毎日新聞)
<巨大こいのぼり>100匹スイスイ 栃木・壬生町(毎日新聞)
車全焼乳児やけど 車内からライター(産経新聞)
自治法改正案の誤りが判明し、参院総務委が散会(産経新聞)
最高裁で免職取り消し県職員、改めて停職処分(読売新聞)