神奈川県平塚市でタクシー運転手、荒井庄次郎さん(62)が首から血を流して死亡しているのが見つかった事件で、県警は20日、首に刃物で切られたような傷があったほか、売上金などが見あたらないことから強盗殺人事件と断定、平塚署に捜査本部を設置した。

 捜査本部の調べによると、荒井さんは財布を身につけていたが現金は入っていなかったうえ、釣り銭入れの袋には少額の現金しか入っていなかった。

 荒井さんはタクシーのトランクにひざを曲げた状態で横たわっていた。両手に何者かと争ったような跡があった。車内の運転席や助手席などに焼けた跡があり、運転席付近から血痕も発見された。凶器は見つかっていない。

【関連記事】
タクシーのトランクに運転手の遺体 平塚市
米兵息子ら家裁送致 タクシー強盗容疑 那覇地検
違法金利で金を貸す タクシー運転手など140人に1億4千万円か
在沖米海兵隊員を書類送検 タクシーの釣り銭箱盗む
交通トラブルめぐり 車で引きずられ男性重傷

小沢氏、「参院選が最終戦」(産経新聞)
【新・関西笑談】混迷時代の改革リーダー(5)(産経新聞)
<口蹄疫>大エース感染疑い 畜産関係者に大きな衝撃(毎日新聞)
<高額療養費制度>改善を…厚労相に要望書提出(毎日新聞)
首相、23日沖縄再訪固まる(時事通信)