JR西日本の新幹線電車500系のぞみ号が2月28日をもって営業を終了する。いよいよ東京駅での500系は見納めとなる。

 JR西日本が開発した500系電車は、1997年3月から新大阪-博多間で運転開始。当時世界最高時速300キロの営業運転を実現し、同年11月からはJR東海にも乗り入れ、東京-博多間で「のぞみ」として運用してきた。15メートルに及ぶ鋭くとがった先頭形状と丸みを帯びた車体、翼形パンタグラフを採用するなど、時速300キロの高速化に対応した独特のデザインで、鉄道ファンや子供たちに人気がある車両。すべての車両が電動車で16両編成9本、144両が製造された。

 現在、東京に乗り入れの500系のぞみ号は、一往復のみで、3月以降N700系に置き変わる。「のぞみ」としての使命を終えた500系は、新大阪~博多間の8両編成「こだま」として運用される。【文・写真 松田嘉徳】

【関連ニュース】
【写真特集】流線型の車体で「男の子の夢」だった 500系のぞみ
【関連】知りたい!:線路侵入騒動 「撮り鉄」の気持ち
【写真と記事で大特集】初代新幹線「ゼロ系」のすべて
【写真で見る】新幹線大図鑑 ゼロ系から最新E5系まで
【写真で見る】東北新幹線:新型車両E5系を公開 ロングノーズが特徴

内縁の妻宅から長男連れ去る 40歳男を逮捕(産経新聞)
大出さん殺害、木嶋佳苗被告を殺人罪で起訴(読売新聞)
パト追跡の車、自転車なぎ倒し逃走 東大阪(産経新聞)
ホンダ、青木氏が退任し会長は空席に(レスポンス)
元係長、涙声で「申し訳ない」=郵便不正、厚労省元局長に-大阪地裁(時事通信)