鳩山由紀夫首相は30日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐる政府案の取りまとめ時期について、首相公邸前で記者団に対し「1日、2日、数日ずれることは何も大きな話ではない」と述べ、月内にこだわらない考えを改めて示した。
 首相は、政府案策定の時期を3月末までとした理由について「5月に政府として、沖縄(県民)をはじめ国民、さらに米国の理解もいただく案として認めてもらうには大体このくらいが目安だなと思ったからだ」と説明。「大事なことは5月に晴れて(米国や沖縄の)理解をいただくことだ」と語った。 

【関連ニュース】
日本の検討状況を見極め=米国務省
米大統領補佐官と電話会談=「普天間」早期解決を確認
岡田外相と米国防長官の会談要旨
「5月決着」目指し協議=普天間移設で日米外相
普天間移設の政府案、首相が発表も=与党幹部

<強奪>3人組が風俗店事務所から200万円奪う 横浜(毎日新聞)
ペコちゃん盗、「社会的影響大きい」と実刑(読売新聞)
「暴力団雑誌置かないで」と要請=コンビニ大手6社販売中止-福岡県警(時事通信)
【りこめんど】ローランド 田中英一社長(産経新聞)
リニア新幹線が長野県を迂回するという噂の真実度は?(産経新聞)