大阪府貝塚市の精神科「貝塚中央病院」で2008年1月、入院中の男性患者(当時48歳)が身体拘束中に重体になり、救急搬送先で死亡した事故で、貝塚署は、カルテなど診療記録を改ざんしたとして田村善貞理事長(61)(当時院長兼務)、看護師長の女性(58)、男性医師(30)の3人を証拠隠滅容疑で、業務上過失致死罪によって公判中の栗原誠一看護師(54)を証拠隠滅教唆の容疑で13日までに書類送検した。

 病院トップがカルテ改ざんで刑事責任を問われるのは異例。

田辺三菱を業務停止…子会社の新薬データ改ざんで(読売新聞)
免疫抑制剤プログラフをインドで発売―アステラス(医療介護CBニュース)
都公安委に苦情申し出=長官銃撃の警視庁発表で-アレフ(時事通信)
首相動静(4月7日)(時事通信)
川端康成文学賞に高樹のぶ子さん(時事通信)