関東大震災直後の朝鮮人虐殺は、小学校から高校までの社会科教科書にすべて記述されている。

 中学では「およそ7000人」(清水書院「新中学校歴史」)、高校では「6000人以上」(東京書籍「新選日本史B」)、「約6700人」(実教出版「高校日本史A」)といった記述のほかに、「数千人」「多数」としたものもある。

 小学でも「罪のない数千人の朝鮮人が殺される事件が起きました」(教育出版「小学社会6上」)などと記述している。小中高とも、「虐殺」についての記述が、関東大震災についての説明の半分前後を占めている。

 学習指導要領や、教科書編纂(へんさん)に影響が強いとされる学習指導要領解説書には、朝鮮人虐殺についての言及はない。文部科学省は「過去10年の教科書検定で、犠牲者数について検定意見が付いたことはない」としている。

「食べるの遅い」と暴行=長男死亡、容疑で両親逮捕-警視庁(時事通信)
<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)
<ハイチ大地震>AMDA代表ら被災者支援に出発(毎日新聞)
ティンカーベルに警告=子供服の原材料など誤表示-消費者庁(時事通信)
名護市長選、移設反対の稲嶺氏が当選確実(読売新聞)