奈良市の奈良公園でボーガン(洋弓)の矢が刺さって死んだ雌ジカを「奈良の鹿(しか)愛護会」が17日に解剖したところ、妊娠していたことが分かった。赤ちゃんは雄ジカ。シカの出産シーズンは5月上旬で、生きていれば約1カ月半後に生まれていたとみられる。同会には、全国からシカの冥福を祈る電話やメールが寄せられている。

【被害シカの悲しい写真付き】奈良公園:雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷

 同会の獣医師らが、妊娠や傷の確認のために解剖した。左腹部に刺さった矢は左肺を貫通し、肝臓を傷つけて右肺に達していた。体内から、体長約35センチの雄の赤ちゃんが見つかった。シカは火葬され、保護施設「鹿苑(ろくえん)」の中にある「鹿塚」に埋葬される。 【花澤茂人】

【関連ニュース】
奈良公園:矢の刺さったシカ死ぬ
<動物受難>事故死した動物はどこへ? 市町村が焼却処理
<動物受難>戦場に散った動物たち ペットも軍用に
<かわいい動物で和もう>動物の赤ちゃんもいっぱい 毎日動物園

戦没者を洋上慰霊8千キロ、激戦のレイテ沖など(読売新聞)
報酬百万円…中国「即日偽装婚」ツアーの手口(読売新聞)
民主、執行部批判の生方副幹事長を解任へ(読売新聞)
雑記帳 元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
分量間違え製造、大洋薬品高山工場を業務停止へ(読売新聞)