<普天間移設>米、「現アセス範囲内で」 辺野古浅瀬困難に(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、日本側が提案している米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)の修正案について、米側が現行計画を前提に進められている環境影響評価(アセスメント)の範囲内にとどめるよう求めていることが17日、分かった。複数の政府関係者が明らかにした。移設場所は現行計画とほぼ同じになるが、日本側は「5月末」に向け一定程度の合意を目指しており、米側の要求を受け入れる公算が大きい。

 日本政府は移設場所を「辺野古周辺」に絞り、くい打ち桟橋(QIP)方式に修正する案を軸に米側と協議している。12日にワシントンで開いた外務・防衛当局の審議官級協議で、米側はくい打ち方式は、テロ攻撃で破壊された場合の修復が困難な点など安全面から難色を示した。

 防衛省は現在、シュワブ沿岸部を埋め立てV字形滑走路を造る現行計画に関するアセス作業を中断している。評価書をまとめる最終段階まできており、評価書をまとめれば残り数カ月で手続きは完了する。アセスは完了までに3年程度が必要なことから、移設期間の長期化を避けるため、米側はアセスのやり直しをせずそのまま活用したい考えだ。

 アセスの根拠となる沖縄県の条例では、現在の位置から約55メートル以上動かすとアセスのやり直しが必要となる。政府は辺野古沖の浅瀬への移設も模索してきたが、数百メートル規模の移動となりアセスのやり直しになることから困難とみられる。ただ、工法を埋め立てからくい打ち方式に変えた場合、県条例に基づくアセスやり直しが必要かどうかの判断は県に委ねられることになる。【仙石恭】

【関連ニュース】
普天間移設:「首相発言」で決着も 閣議了解から後退
普天間移設:鳩山首相「厳しい状況は分かっている」
普天間移設:防衛相が訪米へ「5月末決着、鮮明に」
普天間移設:滑走路300メートル拡幅案示す 官房長官
普天間移設:社民、閣議了解応じず「5月末決着」に異議

「ザク」が組み体操!? マニア心くすぐる笑えるフィギュア(産経新聞)
<蜃気楼>富山湾で、肉眼でも鮮明 離れた風景水平線上に(毎日新聞)
産廃業者が資産隠し8400万円、2人を逮捕 大阪地検(産経新聞)
日米合意出来れば首相の進退問題なし…下地氏(読売新聞)
雑記帳 通天閣ロボ、上海万博に「出張」させて…大阪(毎日新聞)

絶世“天平美女”の正体は…ロボットでした(産経新聞)

 “天平美女”の正体は-。平城遷都1300年祭のメーンイベントが開催中の平城宮跡会場(奈良市)のパビリオン「平城京歴史館」で、遣唐使船の映像を、おっとりとした声で紹介する女性が、来館者の評判となっている。天平衣装をまとったアンドロイドなのだが、終始ほほえみながら、わずかに表情を変え、まばたきをするリアルな動きに驚きの声が上がっている。

 ロボット製作会社「ココロ」(東京都羽村市)製作の接客ロボット「アクトロイド」で、平成17年に愛知県で開催された「愛・地球博」に登場し、注目された。歴史館のアクトロイドは身長165センチで、アニメーションを通して遣唐使の歴史や渡航の様子を再現した「遣唐使シアター」の画面前に立ち、おっとりとした声でシアターの冒頭の語りを担当している。

 身ぶりを交えて話した後はただ立っているだけだが、よくみると口角やまゆが動き、まばたきをし、わずかに身じろぐ。あまりのリアルさに、不思議そうに近づいて正体を探るように見入る子供もいた。

 名古屋市の会社員、加藤明海さん(29)は「かわいい人がいると思ったらロボットだった。肌もリアルで、止まっているときも人間が立っているときと同じような微妙な揺れがあってすごい」と話していた。

【関連記事】
九大院生らロボット大会装い詐取容疑 福岡市役所を捜索
通天閣ロボ、初めて上京 東京タワーでツッコミ芸
表情豊かに「女性そっくり」ロボット 大阪大が公開、笑顔やまばたきも
中日本高速道路と富士重、清掃ロボット開発
矢口真里「怖い!」 日本初の恐竜ライブショー
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

米大統領どこまで理解?まだ判断つかず…首相(読売新聞)
新潟・群馬県境の巻機山、男女5人下山せず(読売新聞)
<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
<ひこにゃん>商標使用は有料に…彦根市の人気キャラ(毎日新聞)
<雑記帳>「宇宙桜」芽吹く(毎日新聞)

共産・志位氏、米大使と初会談=普天間の国外移設求める(時事通信)

 共産党の志位和夫委員長は21日午前、都内の在日米大使館でルース駐日米大使と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題などで意見交換した。共産党委員長と駐日米大使の会談は初めて。志位氏は今月30日から同党のトップとして初めて訪米するが、これに先立ち大使と会談、党の姿勢をアピールした。
 志位氏は会談で「沖縄はもはや(県内移設に)後戻りすることはない。日本のどこにも(移設を容認する)住民合意が得られる場所は存在しない」と述べ、普天間飛行場の機能を国外に移すよう求めた。
 これに対し、大使は「米国は在日米軍基地の負担を軽減しないといけない。しかし、移設先は(沖縄県名護市辺野古の)現行案が最善で実現可能なものと考えている」と従来の見解を強調した。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」

東京都練馬区の弁当店に強盗 60万円奪われる 警視庁行方追う(産経新聞)
数量減も熱気と香り…静岡で新茶の初取引始まる(産経新聞)
不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故-熊本地裁(時事通信)
青海地震で緊急支援=政府(時事通信)
保育園で36人食中毒、4歳児が一時入院(読売新聞)
記事検索
リンク
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ