鳩山由紀夫首相は18日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「3月中に政府案をまとめる。それによって米政府に理解を求め、国民の皆さんといっても沖縄県民が中心かもしれませんが、沖縄の皆さんにも理解を求める」と記者団に語り、県内移設で決着を図る考えを強く示唆した。

 平野博文官房長官は米軍キャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖への移設案を軸に政府案の検討を進めており、近く関係閣僚で協議する方針。岡田克也外相は3月中に訪米してゲーツ米国防長官らと会談する方向で調整している。【横田愛】

【関連ニュース】
普天間:北沢防衛相 沖縄県知事に検討状況を直接説明
普天間:政府方針 岡田外相がゲーツ米国防長官に伝達へ
連立政権:社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み
普天間:与勝の人工島建設案 沖縄県知事「極めて厳しい」
日米外相会談:月内に開催へ ワシントンかカナダで

外交専門誌、夏にも創刊=外務省(時事通信)
埼京線、大宮-池袋間再開=JR東(時事通信)
普天間移設 政府案、非公表 「先送り」批判、かわす狙いか(産経新聞)
「偽証なければ無罪の可能性」道に賠償命令(読売新聞)
首相動静(3月23日)(時事通信)