【ジョンソン宇宙センター(米テキサス州)奥野敦史】国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する山崎直子宇宙飛行士(39)が米中部時間14日午後(日本時間15日午前)、ピンクの和服姿で野口聡一宇宙飛行士(45)と2人で手巻きすしを作り、同僚の飛行士に振る舞った。米航空宇宙局はこの様子を世界に動画で配信した。世界初の「宇宙すし店」の開店として注目されそうだ。

 無重力状態のため、ご飯などが浮かび上がるトラブルに見舞われながらも、山崎さんはしゃもじでご飯をすくってのりを巻き、野口さんがすしネタをスプーンで入れた。野口さんはマグロやエビなど刺し身の宇宙食をISSに持ち込んでおり、それを使ったという。

 14日早朝(同14日午後)の記者会見で、野口さんは「(ISSでの活動は)科学はもちろん日本文化を広げるきっかけにしたい」と話していた。さっそく、着物とすしを通して世界に日本への理解を深めるのに一役買った形だ。

【関連ニュース】
ISS:冷却装置一つにトラブル発生 シャトル着陸延期か
山崎さん:「地球も、私たちも宇宙の一部」宇宙体験語る
ISS:女性4飛行士の写真を公開 同時滞在の新記録
野口聡一さん:誕生日にあめ 山崎さんが職人に依頼
ISS:山崎飛行士が宇宙で琴、「さくらさくら」を演奏

首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
厚労省内と仕分け第2弾の対象は無関係―枝野担当相(医療介護CBニュース)
職場金庫から200万円盗む JA職員逮捕、群馬県警(産経新聞)
極楽浄土の世界をCG復元=平等院鳳凰堂内、創建時の彩色に(時事通信)
ゴルフ場スイング火災、砂地にダフり火花?(読売新聞)