JR九州は8月21、22の両日、熊本市富合町に建設中の「熊本総合車両基地」で、来春に全線開業する九州新幹線の車両N700系「さくら」、新800系「つばめ」の見学会を開催する。開業前としては、最初で最後の見学会になるという。

 新大阪-鹿児島中央を直通運転する「さくら」は8両2編成、九州内を走る「つばめ」は6両1編成が用意され、客室内も見学できる。JR九州の唐池恒二社長は「内装・外装とも工夫を凝らしたさくらと、和の香り漂う車両となったつばめを公開するのは、おそらく最初で最後になると思う」と語った。

 また、新幹線の全般的な検査を行う熊本総合車両基地(約20万平方メートル)の敷地内も見学できる。

 見学会は21日午後1時半~同5時半と、22日午前9時半~午後4時半。募集人員は計6千人。応募多数の場合は抽選。申し込みは、はがき(〒162-8691 郵便事業株式会社新宿区牛込支店 私書箱11号 熊本総合車両基地一般公開事務局宛)かインターネット(http://www.jrkyushu.co.jp/kichikengaku/)で。

 締め切りは6月13日。問い合わせはJR九州販売1課((電)092・474・0278)へ

【関連記事】
JR九州社長「新幹線全通後に特急廃止、快速増は困難」
北陸新幹線関係都市 早期全線整備を決議
一足先に「さくら」に乗ろう JR九州、8月に熊本で車両公開
北陸新幹線延伸「在来線共存の課題、解決が前提」 前原国交相
新幹線 丸ごと導入は「NO」 ラフード米運輸長官 ブログで公言
中国が優等生路線に?

増える鬱病に現場は混乱 身近になった一方で自己判断での思いこみも(産経新聞)
<ストーカー>規制法違反容疑で3回目の逮捕 松山(毎日新聞)
食料・燃料を融通=協定署名、米に続き2カ国目―日豪2プラス2(時事通信)
学校で飛び降り? 重体の中1が死亡(産経新聞)
事業仕分け第2弾 後半戦は迷走の予感(産経新聞)