前原誠司国土交通相は9日午前の閣議後会見で、鳩山内閣の支持率が低下していることについて「政治とカネの問題が一番大きな問題で、これに厳しい姿勢を示さないと内閣支持率の下落には歯止めがかからない」との認識を示した。その上で、「戦後初めての本格的な政権交代が起きた。歴史的な使命感に立って、当事者の方々がどうご判断されるかということだ」と述べ、民主党の小沢一郎幹事長は世論の動向を見極め、自らの進退を考慮すべきだとの意向を示した。

 また、民主党などが検討している企業団体献金の禁止については、「裏金というのはあくまでも政治家の倫理観の話で、法律を厳しくすれば直るものではない」として、内閣支持率アップにはつながらないと強調した。【大場伸也】

【関連ニュース】
前原国交相:4党案に修正必要の考え示す 国労不採用問題
個所付け通知:前原国交相を注意 鳩山首相
前原国交相:公共事業の経済効果巡り、亀井金融相と対立
前原国交相:名古屋港の飛島ふ頭を視察
トヨタ:リコール07~09年の38件調査…前原国交相

彬子さま、今月米ご出張へ(産経新聞)
パラリンピック 難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ(毎日新聞)
「捜査怠慢」めぐり上告=箱詰め女性遺体訴訟で都(時事通信)
阿久根市長は議会に出席を…市民団体要請(読売新聞)
<JRダイヤ改正>特急「北陸」と急行「能登」 半世紀以上の歴史に幕 (毎日新聞)