国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は25日午前、都内で講演し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題に関連し「米海兵隊を(沖縄に)置くことだけが抑止力なのか。日本自身の努力で攻撃をやめようと外国に思わせる抑止力をつけることが何より大事だと考えないといけない」と述べ、自主防衛力強化の必要性を訴えた。

 また、移設問題の日米協議について「日本は米国にとって大事なパートナーだ。米国も、何が何でも自公政権との約束(辺野古沿岸部案)を鳩山政権に、力ずくでも守らせることができるとは思っていない」との見方を示した。

【関連記事】
福島氏、県内移設も容認?「反対だが従う」の二重基準多用
普天間移設問題で首相は「県外あきらめない」 福島氏は「県内」容認示唆
「米国は陸上案を拒否できない」 国民新党・亀井代表
前原氏vs亀井氏、岡田氏vs瑞穂氏 閣内バトル勃発で鳩山崩壊危機
国民新党が「県内」移設2案を政調会合で了承

築地移転予算が成立=現在地再整備検討の付帯決議も-東京都(時事通信)
シスメックス: 血中循環がん細胞検出技術の臨床的有用性の検証に向け、国立がんセンターと共同研究を開始
築地移転 中断回避へ 都予算案 原案可決確実に(産経新聞)
<掘り出しニュース>ハッチの第5子はタッチです!(毎日新聞)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)