29日午前7時半ごろ、東京メトロ丸ノ内線の銀座駅で、池袋発荻窪行き(6両編成)の電車が、ホームと電車の隙間を埋める「可動式ステップ」が故障したため、発車できなくなった。全線で一時、運転を見合わせ、駅間で止まった電車もあったが、午前8時1分に運転を再開した。

 東京メトロ広報部によると、可動式ステップは、列車の駅からの出発の可否を伝える信号を列車に送っているが、これが故障したため、列車の出発に影響が出た可能性があるという。

【関連記事】
埼京線と湘南新宿ラインで架線トラブル 乗客2千人が車内に閉じ込め
浜松町駅で女性飛び込み 山手線全線で一時運転見合わせ
長堀鶴見緑地線ストップ ポイント故障 通勤客ら5.7万人影響
高円寺駅で飛び込み JR中央線 東京-高尾の快速運転見合わせ
地下鉄丸ノ内線が全線で運転見合わせ

テレ東、BSジャパンなどグループ3社が経営統合で合意(産経新聞)
観光庁長官「医療観光は有力な市場」(医療介護CBニュース)
鶴見緑地線事故 列車往来危険容疑で捜査 大阪府警、関係者ら事情聴取へ(産経新聞)
桑田真澄さん 早大大学院を修了「研究の奥深さ知った」(毎日新聞)
刀剣研磨師の永山光幹氏死去(時事通信)