埼玉県警行田署は22日、詐欺(無銭飲食)の容疑で住居不詳、無職、斎藤邦行容疑者(40)を現行犯で逮捕したと発表した。

 容疑は21日午後2時20分ごろから22日午前2時半ごろまでの約12時間、行田市押上町の焼き肉レストラン「安楽亭行田押上町店」に居座り、ユッケ、チヂミ、牛レバー、ビール、マッコリ、チョコバナナサンデーなど23点を注文し続け、代金約1万3000円を無銭飲食した、としている。

 同店の営業時間は午前11時半~翌午前2時。同署によると、閉店を過ぎても料金を払うそぶりがないので店員が通報。駆け付けた署員に斎藤容疑者は「払うつもりだった」と話したが、所持金は44円だったため逮捕したという。【西田真季子】

【関連ニュース】
詐欺:容疑で男女2人を逮捕 転売目的で口座開設
リフォーム詐欺:「認知症」狙い営業、理解不能なら再訪問
詐欺容疑:アリコ流出情報を悪用 警視庁、男女逮捕へ
リフォーム詐欺:「指導」公表せず、被害拡大の一因か
詐欺容疑:リフォーム会社社長逮捕 首都圏で被害3億円超

中国中間層へも観光ビザ=発給要件を大幅緩和―政府(時事通信)
<傷害容疑>女装して銭湯、見つかり暴力 防衛省の技官逮捕(毎日新聞)
リーディングホテルズ、富裕層向けラグジュアリーゴルフ旅行プラン開発
ネット書き込みでの名誉毀損めぐり最高裁が初判断 有罪判決確定
「政府・県に一定の問題ある」=口蹄疫被害拡大で首相(時事通信)