小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入を巡る事件で、政治資金規正法違反で起訴された同党衆院議員の石川知裕被告(36)=北海道11区=が保釈直後に議員辞職しない意向を地元支援者に伝えていたことがわかった。

 民主党道第11区総支部代表代行の池本柳次道議によると、石川議員は保釈された5日夕に今後の進退について、池本道議に電話で「議員として頑張っていきたい」と伝えたという。

 池本道議は「裁判で事実がどう確定するか分からない段階。地元の党支部としても辞職や離党はさせない考えだ」と話している。【田中裕之】

【関連ニュース】
山岡国対委員長:石川議員の辞職勧告「採決せず」
陸山会事件:石川議員起訴「戦いこれから」「出直しを」
陸山会事件:またも秘書だけ 説明になお疑問
陸山会事件:小沢氏不起訴 石川議員ら3人は起訴
社民党:石川議員起訴で「辞職に値」

山崎氏、離党せず=自民(時事通信)
宝くじ販売所に強盗、奪ったのは現金50万(読売新聞)
ベトナム原発受注で日本勢敗退、首脳外交含め戦略見直しも(産経新聞)
追加調査を重ねて否定=外交機密費の官邸上納-平野官房長官(時事通信)
【中医協】感染防止対策加算などを新設(医療介護CBニュース)