September 20, 2005

ALTER EGO - DECODING THE HACKER MYTH4

a2be3217.jpg2004年Alter Egoの「Rocker」が大ヒットしましたが、実は私とAlter Egoの出会いは古いんですね。ローマン・フリューゲルとジョーン・エリング・ブテケによるAlter Egoは、90年代前半のジャーマン・トランス・テクノを代表するレーベルとして君臨したHarthouseKlangから数多くの傑作を発表しました。また、アシッド・ジーザス、センソラマなどの別名義作品でも活躍しております。私が初めて買ったAlter Egoはこの「Decoding The Hacker Myth」。1996年のリリースです。まだHardfloorとかSven Vathが全盛期の時代で、Harthouseのものはよく漁って買っておりました。このアルバムもHarthouseからリリースで、当時この作品もジャーマン・トランスだと思って購入したのですが、ダウンテンポのアルバムでした。ゆったりとしたチルアウト系のビートに、実験的なノイズはデトロイトティッシュな幻想的なメロディが合わさってきます。最初は、あんまり好きなアルバムではなかったのですが、聴けば聴くほど味がでてはまっていきました。個人的には、売れた「Transphormer」よりもこちらのほうが、思い入れが強いのでこちらの方が好きですね。こういうダウンテンポのトラックってもう作らないだろうな?

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/d_blemish/50088208