2006年10月05日

殴り合いや激論の末に

97923630.jpg一世風靡SEPIAの「幾時代ありまして」を口ずさんでみました。
中原中也の詩を思い出してみてます。
大場と学は仲が悪かった訳ではないですが、学は先輩にかわいがられ、大場は先輩に嫌われてましたね。
品田と大谷は忘れました。
そんな俺の家の壁を泣きながらぶち壊した大場も30です。
学も人ん家来て鼻水垂らして号泣してました。
幾時代過ぎていきましたね。


d_nogup at 22:17│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔