竜崎だいちの安穏記

The day’s divinity, the day’s angel

竜崎だいちが日々を更新するブログです。
演劇ソロユニット「羊とドラコ」では脚本・演出・出演の三足の草鞋を履いて活動中。

★出演依頼・脚本依頼・お問合せはお気軽にこちらまで★→ryuzakidaichi@gmail.com

feblaboプロデュース「秋の超収穫祭」+「いしのまき演劇祭」参加作品
「日曜日よりの使者」★脚本提供★
脚本:竜崎だいち(羊とドラコ)
【東京公演】2018年10月1日(月)~2日(火) 
新宿シアター・ミラクル
★チケットご予約はこちら★
【石巻公演】2018年10月7日(日)~8日(月)
旧観慶丸商店(宮城県石巻市)
★チケットご予約はこちら★


満月動物園・羊とドラコ共同製作
「愛慾巡遊社」★脚本・演出・出演★
【日程】2018年 10月18日(木)〜21日(日)
【会場】ホテル千扇
昭和レトロな空間として注目のラブホテル【ホテル千扇】にて、
複数の客室に短編演劇を配置しツアー形式で巡る作品を
【満月動物園】と【羊とドラコ】が共同製作!
★詳細はこちら★


最強の一人芝居フェスティバル
「INDEPENDENT:18」★脚本・演出★
[t1]江本真里子×竜崎だいち(羊とドラコ)
「きみとわたしとクライマックス」
【日程】2018年11月22日(木)~25日(日)
【会場】in→dependent theatre 2nd
♪公式HPはこちら♪


ロイン機関
應典院舞台芸術祭Space×Drama×Next参加作品
「底なし女とパリの狂人」★出演★
【日程】2018年12月7日(金)〜9日(日)
【会場】浄土宗應典院 本堂
★詳細はこちら★
♪公式HPはこちら♪
★チケットご予約はこちら★(竜崎だいちフォーム)

Clip to Evernote

feblabo×大統領師匠×家のカギ合同オムニバス公演
「秋の超収穫祭」
stage_77093
<合同公演ラインナップ>
■feblabo
『日曜日よりの使者』
脚本:竜崎だいち(羊とドラコ)
演出:池田智哉(feblabo)
出演:荻山博史(smokers)・島田雅之(かはづ書屋/DART'S)

『いまこそわかれめ』
脚本:目崎剛(たすいち)
演出:池田智哉(feblabo)
出演:大和田あずさ・塩原俊之(アガリスクエンターテイメント)

※上記2作品にて「第3回いしのまき演劇祭」に参加予定です。

■大統領師匠
『ベテラン声優のアテレコ風景』『スイカ割り』
脚本:中田真弘
演出:遊佐邦博
出演:遊佐邦博(大統領師匠)・内山智絵(少年社中)・斉藤有希(@emotion)

■家のカギ
家のカギ11『うらみつらみ』
脚本:高村颯志(家のカギ)
演出:もちもち
出演:西渕隆・高村颯志(家のカギ)・希枝・五十嵐恵美(家のカギ)

【日程】
2018年10月1日(月)~2日(火)
1日(月)19:30
2日(火)15:00/19:30
※受付開始・開場は開演の30分前

【会場】
新宿シアター・ミラクル
〒160-0021
東京都新宿区歌舞伎町2-45-2 カイダ第3ジャストビル4F

【料金】
前売・予約・当日券:2,500円
学生(大学生以下):2,000円(要学生証提示・当日可)
【HP】
feblabo website
こりっち「秋の超収穫祭」ページ


「いしのまき演劇祭」
1535360698
feblabo
「日曜日よりの使者」
脚本:竜崎だいち(羊とドラコ)演出:池田智哉(feblabo)
「いまこそわかれめ」
脚本:目崎剛(たすいち)演出:池田智哉(feblabo)

【日程】
2018年10月7日(日)~8日(月祝)
7日(日)19:00
8日(祝・月)17:00

【会場】
旧観慶丸商店
宮城県石巻市中央三丁目6-9

【予約】
こちら(カルテットオンライン)

【HP】
いしのまき演劇祭ホームページ
Clip to Evernote

ロイン機関
「底なし女とパリの狂人」
flier1
【構成・演出】
丑田 拓麻

【日程】
2018年12月7日(金)~9日(日)
7日(金)19:00
8日(土)15:00/19:00
9日(日)13:00/17:00
※受付開始は開演の1時間前、開場は開演の30分前より。

【出演】
武田 操美(劇団鉛乃文檎)  
清原 正次(劇団大阪)  
田口 哲
殿村 ゆたか  
上田 裕之(イズム)  
竜崎 だいち(羊とドラコ)  
空山 知永(劇団空組)
福谷 圭祐(匿名劇壇)  
神道 拓也(劇団演りだおれ)

【演奏】
五月エコ(ウミネコ楽団)  
新井洋平(ウミネコ楽団)

【会場】
浄土宗應典院本堂
大阪府大阪市天王寺区下寺町1-1-27
TEL:06-6771-7641

【チケット料金】
一般 前売 2,500円 当日 2,800円  
学生 前売 1,800円 当日 2,000円(中学生以上 要学生証)
リピート割 1,000円
※本公演2回目以降は、リピート割引にてご入場いただけます。
(要半券。予約フォーム、メールにてご予約でも適用)

【チケット取り扱い】
①チケットぴあ 
TEL 0570-02-9999 (Pコード:489680)
②ネット予約 カルテット・オンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/sokonashi?m=0cdehii
※竜崎だいち専用フォーム
③メール予約 rointicket@gmail.com
※ お名前、お電話番号、 ご観劇日時、枚数、 券種をお知らせ下さい。


【お問い合わせ】
電話番号 080-1629-0869 (丑田)
メールアドレス usshida@gmail.com
rointicket@gmail.com(チケットに関してもこちらまで)

【ホームページ】
Clip to Evernote

遅くなっちゃいましたが、FETT#1「供犠」無事に終了いたしました!
ご来場下さった皆様、ご協力下さった皆様、FETTワーキングチームの戒田さん、「知恵」でご参加下さった宮原さんと大宅さん、4人の演者の皆さま、本当にありがとうございました!!

思った以上にお客様がFETTという企画を面白がって下さって、もちろん課題はあるけれど、良い最初の一歩が踏み出せたかな、と思っています。

IMG_0652

演劇×エチュード×トーク、個人的にもっと自身の心内が「解体」されるんじゃないか、と恐々としていましたが、思った以上に、そんなこともなく、構えることなくトークに参加出来たなあという感想でした。皆さんにはどう映っていたのかな。私の中身が見えたりしたのだろうか ?スケルトーン。

IMG_0654

今回、舞台の構造やらはワーキングチームの戒田さんにアイデアもらったり(もちろん戒田さんには他にも死ぬほどお世話になったのだけど)、環境音の一部を他現場でちょくちょくお世話になっている、のぶさんこと河合宣彦さんにお力貸してもらったり、当日制作にはサポートスタッフの方々は勿論、助っ人に来てくださった方もいたり、ひょんなことからゲネの記録写真を撮ってもらえることになったり、なんか色んなひとの力が集まって、その一つ一つがとても嬉しかった。
普段一人でやっていると、自分が動かないとそんなもん何も動かんでよー、という環境なもので、いつのまにか作業が進んでいるという感覚もものすごい久々で、ものすごくありがてえなー、と感じたりもした。チームって良いね。

IMG_0653

トーク最終日にいうたんだけど、キャッチコピーの「わたしをしあわせにしてください」ってかなりのパワーワードだよね、と思っています。いいかどうかはさておき、今まで生きて来てこのセリフを人にぶつけたことはない。これは最終、飴村がずっと思い続けていた言葉になるのだけど。ということは飴村って、今をしあわせとは思っていなかったってことになるよね。そしてこの「供犠」の登場人物は、多かれ少なかれこの言葉を他人に投げ続けたんだろうな、とも思う。
きっとこれが、一番の不幸だ。
ようよう考えたけど、やっぱり、わたしは「しあわせにしてくれ」なんて人に頼む必要はない。十分しあわせじゃん、と思う。逆説的に言うと、万が一今が不幸としたら、わたし幸福をどのレベルで思ってんねん、とも思う。そりゃあ欲しいものはあるけど、今のままでも全然しあわせで。これが、「供犠」の登場人物とわたしの決定的に違うとこか、と思った。
トークで「彼らのタネはわたしの中にあります」的なことを言うたので、なんとなく、同一視しそうになっていたけど、違った。うん、違うわ。

IMG_0619

演者として出てないと、こんなにも写真を撮らないのだな、というのも学んだ。数少ない写真の一つ。やたらギャルっぽい女性陣。赤髪ええなあ。わたし、ナルキッソスだからさ〜、やっぱり写りがいい方がいいに決まってるんだけど。

IMG_0656

これ、やべえわー。ブサイクー。でもこの方が味がある。

IMG_0642

さてここからは、実は偶然が重なってまさかの壱劇屋のいっちゃんこと河西さんに舞台写真を撮影して頂いちゃったので、その写真をとどんと大放出しようと思います。
PCでご覧の方は「続きを読む」をクリック下さい。スマホの方はそのままゴー!
続きを読む
Clip to Evernote

満月動物園・羊とドラコ共同製作
「愛慾巡遊社」
Image_b4456df

大阪・京橋にある昭和レトロな空間として注目されるラブホテル【ホテル千扇】にて、複数の客室に短編演劇を配置し、ツアー形式で部屋と物語を巡っていただく作品を【満月動物園】と【羊とドラコ】が共同製作。
各コースそれぞれ5つの物語を巡るツアーを、ひとつの館内で3コース同時上演いたします。
俳優演じるツアーコンダクターが、皆様を未体験の演劇ツアーへご案内いたします。

【日時・上演コース】
2018年 10月18日(木)〜21日(日)
18日(木)21:00 名残/絆/追慕A
19日(金)21:00 名残/絆/追慕B
20日(土)13:00 名残/絆/追慕A
20日(土)17:00 名残//追慕B
20日(土)20:00 名残/絆/追慕A
21日(日)11:00 名残/絆/追慕B
21日(日)15:00 名残/絆/追慕A
※各コース定員10名です。
※赤字表示は完売コースです。ご予約はぜひお早めに!

IMG_0598

【料金】
前売・ご予約:2,800円
当日:3,000円

【ご予約】
こちら!(竜崎だいちフォーム)

【会場】
ホテル千扇(ちせん)
大阪市都島区東野田町3-7-4
京阪本線・JR環状線・東西線「京橋」駅より徒歩3分

【出演】
岩切千穂(仏団観音びらき/狂夏の市場)
浦長瀬舞(劇団冷凍うさぎ)
江本真里子
大江雅子
大橋未歩(COMPLETE爆弾)[10/20]
河上由佳(満月動物園)
近藤ヒデシ(COMPLETE爆弾)
杉野叶依
諏訪いつみ(満月動物園)
髙道屋沙姫(かまとと小町)
丹下真寿美(T-works)
ツジコウイチ(コッコア)
西村朋恵(こまち日和)
濱田ひかり
原典子(満月動物園)[10/18・19]
繁澤邦明(うんなま)
松村里美
みず(満月動物園)[10/21]
湯山佐世子
竜崎だいち(羊とドラコ)

※橙字は「竜崎だいち脚本・演出」作品に出演俳優です。
※緑字は「竜崎だいち脚本・戒田竜治演出」作品に出演俳優です。

【特設HP】
こちら!!

※続きを読むで、羊とドラコ・竜崎だいち関連作品の紹介が開きます。
続きを読む
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ