竜崎だいちの安穏記

The day’s divinity, the day’s angel

竜崎だいちが日々を更新するブログです。
演劇ソロユニット「羊とドラコ」では脚本・演出・出演の三足の草鞋を履いて活動中。


★出演依頼・脚本依頼・お問合せはお気軽にこちらまで★→ryuzakidaichi@gmail.com

Plant M「君ヲ泣ク」★出演します★
「大阪公演」
【日程】2016年9月25日(日)~10月2日(日)
【会場】アートグラウンドcocoromi
【料金】前売2,800円/当日3,000円
【ご予約】★こちら★ (竜崎専用フォーム)
●詳細はこちらをクリック● 

「東京公演」
【日程】2016年10月8日(土)~10月10日(月)
【会場】花まる学習会王子小劇場
【料金】前売3,000円/当日3,500円 
【ご予約】★こちら★ 
※東京公演は匿名劇団「戸惑えよ」との二本立てとなります。
※東京・仙台公演は「荒馬の旅 ラバノタビ」企画招聘公演となります。


壱劇屋「独鬼〜hitorioni〜」★出演します★
【日程】2016年10月28日(金)~31日(月)
【会場】シアトリカル應典院
【前売】一般3000円/学生2000円/高校生以下1500円
   ※当日券は各料金に200円増
【ご予約】★こちら★(竜崎専用フォーム)
●詳細はこちらをクリック● 


★NEW★「堀北庵フェスティバル」★出演します★
【日程】2016年11月5日(土)6日(日)
【会場】BONZEクラブはうす堀北庵
 ●詳細はこちらをクリック●


ミュージカル「黒執事」~ NOAH’ S ARK CIRCUS~★脚本チーム参加★
原作:枢やな
(掲載 月刊「Gファンタジー」スクウェア・エニックス刊)
脚本:竜崎だいち/毛利亘宏
演出:毛利亘宏
【日程】
≪東京≫
2016年11月18日(金)~27日(日) TOKYO DOME CITY HALL
≪福岡≫
2016年12月3日(土)~4日(日) キャナルシティ劇場
≪兵庫≫
2016年12月9日(金)~11日(日) あましんアルカイックホール
≪愛知≫
2016年12月17日(土)~18日(日) 刈谷市総合文化センター アイリス 大ホール
【チケット一般発売日】2016年9月4日(日)10:00~
【公式サイト】http://www.namashitsuji.jp/


満月動物園「【音楽劇】ギター弾きのウタ」★出演します★
【日程】2016年12月9日(金)~11日(日)
【会場】中崎町コモンカフェ
【料金】前売・予約 2,000円/当日 2,500円
【ご予約】2016年9月25日(日)先行予約受付開始(予定)
10月10日(祝)一般予約受付開始(予定)
●詳細はこちらをクリック●  


こまち日和のラジオ日和 ラジオドラマ脚本提供中♪
「あなもぐらと少女の六日間のふしぎな旅」
ドラマCD絶賛発売中♪♪
購入方法は、★こちら★ ※こまち日和ブログへジャンプします。

さてさて!
いよいよ週末から本番が始まります「君ヲ泣ク」のチケット残席状況がアップされましたので、こちらにものっけておきます。
わたしが出演する「海組」の公演は、なんと5ステージ中2ステージが完売しました。嬉しい!でもでも、来週末なんかはまだけっこう空きがありますので、迷っている方はぜひぜひご検討いただけますと嬉しいです!

とはいえ、もともとの座席自体が少ないので、油断していたらすぐに満席になってしまうかも…ご注意です!


【残席状況(9/23現在)】

9月
25日(日)13:00<海組> 完売御礼! ※当日券はキャンセル待ち
25日(日)20:00<風組> △
26日(月)20:00<風組> ○
27日(火)20:00<海組> ○
28日(水)20:00<風組> ○
29日(木)20:00<海組> 完売御礼! ※当日券はキャンセル待ち
30日(金)20:00<風組> ○
 
10月
1日(土)14:00<風組> △
1日(土)18:00<海組> ○
2日(日)11:00<風組> ◎
2日(日)14:00<海組> ○

★チケットご予約はこちら★


image

チケット(乗船券)にはもう片方の組の公演を早割料金でご観劇出来るクーポン券もついてます♪
全っ然違います。どこがどう違うじゃなく、全っ然違うんです。お時間の都合もあるかもですが、出来ることなら2つとも観て見比べて欲しいです。勿論、単体でも面白いんです。でも、見比べることで見えてくることもあるんです。
樋口さん曰く、今回はダブルキャストであるけど、どちらの組も演出は全く一緒にするつもりだったそうなんです。そのスタンスで稽古に挑んだはずなのに…蓋を開けてみると…。

image
 
上演台本付きのパンフレットも販売しています♪
台本は「海組」チームのものが掲載されています。(内容は全く同じなんですが、テキストはナニカが違うんです)
ただ今絶賛公演中の匿名劇壇さんの台本「戸惑えよ」も入って破格の2,000円!! 匿名さんの公演で購入されていれば、予習してからご来場いただくことも可能という!予習するのもアリかもです。
お写真は、海組の大姉ちゃん、はたもとさんと♪

image
 
Plant Mのアイドル、出口ここねちゃんと海組女子たち。
ほんとうにいい座組です。最近になって少人数の公演に関わらせてもらうことが増えて、大人数とは違う楽しさと難しさを感じながら、充実の稽古を過ごしました。稽古でもそれはそれはたくさんの景色が見えました。なんだか発見の連続だった気がします。でもきっとまだ頂上じゃない。本番ではどんな景色が見えるんだろう。楽しみです。
Plant M「君ヲ泣ク」、ご来場、ほんとにほんとにお待ちしています。

堀北庵フェスティバル
 
image

北大路大集会
秋だ! 集まれ! 堀北祭!

京町家の歴史は古い。
京町家の始まりは、平安時代。
多くの市民に愛されている京町家は、京都で魅力的な都市空間を形成する資源として重要視されています。歴史ある町家を利用して、レストラン、呑み屋、一般商店、など現在でも街のポイントとなり風情を残しています。
今回の大集会は、劇場空間や商業空間でのイベントではなく、住み慣れた地域社会の核として存在している極々普通の町家を舞台に、繰り広げられる文化フェスティバルです。


【日時〛
2016年11月5日(土)・11月6日(日)
 
【会場】
BONZEクラブはうす堀北庵
京都市北区紫野下柳町47-1

【出演予定】
☆キャパシティせまめ
☆ studio D2
☆ G線上のあかね
☆ ネコザメタボ 
☆ 中嶋久美子
☆ 和田明日香
☆ 鈴木愛里沙(演劇集団よろずや)
☆ 竜崎だいち(羊とドラコ)
☆ 福辺蓉都
☆ 国本未生
☆ 白石幸雄
☆ 山南あかね
☆ 魅優
☆ 三澤健太郎
☆マヤルカ古書店 (検討中)
☆トガミキタ(検討中)
☆ 櫛野愛里(検討中)
 
(順不同・敬称略)7月5日現在

ご無沙汰しております。竜崎です。

image

いつの頃から、はまってしまった対象を、またはハマるかもしれない対象のことを、「~沼」っていうようになったんでしょうかね。わたしが学生の頃は、そんな気の利いた単語なかったような気がします。沼ってええ言葉。

一ヶ月ほど失踪していた主な原因は、この一つ前の記事に書いた「UNDERTALE」というゲームの「沼」に、ずぶりずぶりと頭の先までハマっていたのでありまして、Youtube、ニコニコ動画に次ぐ時間泥棒サイト、「pixiv」のアカウントをついに取得してしまい、日夜二次創作を物色する毎日を送っておりました。

HPFの閉会セレモニーが終わって少し暇な時間が出来たタイミングがあったんですけど、実はその時に、自分の中でもちょっと考えられないくらいに趣味にハマってしまった時があって、「これはもしかして演劇に戻れないのではないの自分?」と危機感を覚えるくらいの脳みそ使用量を叩き出していたのですが(これ冗談じゃなく真面目に)、8月末にPlantMさんの稽古が始まると、わりとスムーズに演劇に戻ってこれました。不思議だなあ。まあ空き時間は未だに沼の開拓に余念がないのですが。

というわけで、ただ今絶賛お稽古中です。

stage60740_1

PlantMさんの稽古が始まってすぐ、共演者の中で冗談交じりに「演劇って難しいですねぇ」なんて言うのが少し流行った日がありました。その時はみんな冗談みたいに言うてただけだったけど、いやいや、個人的には今の稽古が終わると毎日思います。演劇って難しいなあ。
もともと、樋口さんの書く言葉を吐いてみたいという夢がありまして、今回それが叶っていまして。うーんうーんと悩んだり、うまくいかなくてヘコんだりはしますが、根っこに「楽しい」があるのが分かる。
初めてお邪魔するところはどこに出てもそうですが、今までとちょっと違う「竜崎」を見てもらえたらいいなあと思ったりします。

この公演、チラシに少しだけ書いていますが、東京公演と仙台公演があります。わたしの出演する「海組」は東京公演の方に行きます(風組さんが仙台へ行きます)。久しぶりの旅公演。楽しみです。

大阪公演のチケットのご予約はこちら★→
 
樋口さんのブログはこちら★→なんとわたしのことも紹介して下さっています

2016-07-22-23-02-13

HPF観劇の帰りに寄った駄菓子屋で買ったモロッコヨーグル。

2016-07-22-23-02-25

あたってた。

竜崎です。
そういえば、この写真だけ撮って、その後のあたりの蓋の行方が分からない。まあ、この年で駄菓子屋に持って行って交換してもらうわけにもいかないのだけど。撮ってるからいいけど、ちゃんと取っときゃよかった。あーあ。

あっ、今日のブログは久しぶりの「オタク記事」です。念のため。

image

だるーん、な、ぐでたまさん。
毎日暑いですね。今日ラジオから、10月くらいまで暑いとかなんとか、冗談みたいなことが聞こえてきてました。ほんとかいな。一週間前くらいは身体がずっと重くて夏バテしそうな予感やったんですが、無理やりガッツリ食べてたらなんとなく体力戻った。基本健康。

HPFの高校生たちの公演は昨日で全公演無事に終了しまして、とはいえ、講評員の一番の仕事は20日に控える閉会セレモニーでの講評であるわけで、ただ今鋭意感想まとめ中です。ただ、20日の講評で一校に使える時間がだいたい3分くらいなんですよね。きっと思ったことの3分の一も言えないんだろうなぁ。はは、惜しい惜しい。

高校生の演劇については、あたりとかはずれとかなく、全員が全員ほんとうに頑張っていて、観終わったあとの帰路ではだいたい、微笑んでいた。夜道、微笑んでチャリンコこぐ婦女子。きしょいである。

最近あたったことといえば!

無題
このゲーム。
わたし的に大当たりだった海外のPCゲーム、「UNDERTALE」という、誰も死ぬ必要のないRPGです。
正確には「やった」わけではなくて、ゲーム実況を見てハマったんだけど、これがとてつもなく、良いのです。



公式のトレーラー。曲、ええわぁ。
このゲームの何がいいって、上にも書いた通り誰も死ぬ必要のないRPGだということ。正直、この言葉だけで「おおっ?」と思ってしまう。
昔ながらのドット絵とピコピコ音、懐かしい感じのゲームだなあと思いながらゲーム実況を見てたんですが、途中から変な違和感に襲われて、動画の更新が待ち遠しくなりながら、このゲームなんか他のゲームと違うぞ…と思って見続けていたら、後半の怒涛の展開に完全に心持っていかれました。

CTIDzF4UEAQ1GVD

なにこの花。いや、こいつもれっきとした登場人物です。名前は、フラウィー。可愛いでしょ。うふふ。
登場するキャラクターがみんな可愛くて、かっこよくて、せつない。今は非公式の日本語パッチがあるだけで、公式の日本語化はされていないんですけど、ぜひ、やってみてほしいなあ。そして、語りたいなあ。ストーリーが、とんでもなく、深いんです。
わたしの好きなキャラクターは勿論「サンズ」でしょ、(この勿論とか言うてるところがオタク色全開なとこですけど、ゲームしたら分かるんです、だって作者のサンズ贔屓がすごいもの)、あと「トミーさん」とか、「フラウィー」も結局好きだし、ちょいちょい出てくる犬も可愛い。ていうか、全員すき。

あと、なにがいいって曲がとてつもなく良い。最近ではサントラはもちろん、海外の方が作っているカバー曲みたいなものをずっと聞いています。一番好きな曲はもちろん「Megalovania」だけど、アンダーテイル知っている人ならこんなん言わんでもええこと。つまり、全員好きになる曲。…に違いない。

だれか知っているひとがいたらぜひ語りたい作品なのに、知っている人がいなすぎてしょんぼりな日々です。最近、あたりや!と思うゲームの出所がyoutubeやニコニコ動画ばかりで、まわりに共感してもらえないもんだから、溜まった鬱憤をプログで晴らしてみました。



誰か釣られたらご一報ください。コメント、お待ちしています。

↑このページのトップヘ