備忘録第一弾です!
今回は「Thunderbirdで複数のプロファイルを利用する」です。

Thunderbird は、メッセージやパスワード、ユーザ設定などの情報を「プロファイル」と呼ばれるファイルに保存しており、プロファイルは、Thunderbird のプログラム本体とは別の場所に保存されています。
Thunderbird をインストールすると、「default」 という名前のプロファイルが作成されます。
最初は、このプロファイルが自動的に使用されます。
追加のプロファイルを作成することも可能で、プロファイルごとにアカウント設定やメッセージが保持されます。
   ※一つのプロファイルに複数のメールアカウントを設定することもできます。
プロファイルマネージャは、プロファイルの作成や削除に使用され、どのプロファイルを使用して Thunderbird を起動するかを選択します。

1.プロファイルマネージャを起動する

WindowsキーとRを同時に押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウを表示させます。
名前の欄に
thunderbird.exe -p
と入力し、「OK」をクリックします。(画像参照)

WS000
プロファイルマネージャのウィンドウが開かない場合は、Thunderbird プログラム本体の完全パスを指定する必要があります。引用符で囲み、次の例のように入力してください 

32-bit 版 Windows
  • "C:¥Program Files¥Mozilla Thunderbird¥thunderbird.exe" -p
64-bit 版 Windows
  • "C:¥Program Files (x86)¥Mozilla Thunderbird¥thunderbird.exe" -p
プロファイルマネージャが起動すると下の画像のような画面が表示されます。

WS001

2.新しいプロファイルを作成する

「ユーザープロファイルの選択」で「新しいプロファイルの作成…」を選択すると下のような画面が出てきます。


「次へ」をクリック。


この画面でプロファイル名と保存先フォルダを決め「完了」をクリックすると新しいプロファイルが出来上がります。

WS000

動画で手順を確認したい方はこちら!

ぜひご覧ください。
今回はこれで終了です。ありがとうございました。