2006年01月09日

空けましておめてとう&地デジ話

ずいぶんと空けてしまいました。お久しぶりです。


どうも何かちょっとした事を書こうとするとmixiの方に書いてしまいがちで、だからここではしっかり書こうとしようとするんだけど、中々書けないしネタは無いしで放置してました。チェックしててくれた方にはホント申し訳無いなと思っとります。

結局はブログとmixiとの使い分けが未だに掴めないんだよな。表(ブログ)に晒せなく裏(mixi)になら晒せるネタとかって俺にはあまり無い訳だし。やっぱりどっちかに集中した方がいいんだよな。


そうそう、せっかく液晶デジタルハイビジョンテレビを買ったし、地デジが見れるエリアに住んでるので見れるようにしようと計画してたのだが、まったく進んでません。これもmixiで書いてたんだけど、これからはこっちで書いてこうと思う。

正月休みに近所の電気屋に行って受信状況を調べて、アンテナを東京タワーに向けててもTVKが映ることがわかって、でもアンテナは安いのではなくある程度の物を用意したほうが安心して映る感じだった。これは速攻でアンテナ設置しようかと思ったらその店にアンテナが無かった。取り寄せだって。

それを踏まえて今日は八王子の電気屋数軒と立川のビックカメラに行って来た。結果、全滅。
みんな無いんだって。12月から八王子でも地デジが見られるようになってバンバン売れ出して在庫が無いんだって。マンション用の小さい広範囲に拾えるタイプのは沢山あるんだけど、屋根につけるのはまず無いって。

今日は全部で6軒まわったので立川で力尽きた。新宿に行けばあるんだろうがな。
最後に立川ラーメンスクエアでラーメン喰って帰ってきた。我聞は相変わらず並んでたな。30人くらい。なので菅家のサンラータン麺喰ってきた。やっぱこのラーメン屋は美味い。


今年もこんな感じで行くんでよろしくな。
  
Posted by da_crew at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月22日

恐怖の黒ミサ再び

年末にやるとかやらないとか前回のギグ(ネットラジオ)で言ってたような気がしてたが、どうやら本当にギグっちゃうようだぜ。

タイトル
「ヒライ・イノウエ・スーパーログとピート・パンプス16歳の最終兵器ラジオ」(仮)



しかし、よりにもよって24日の23時頃かよッ!

世の中のカップル達がスウィートな時を過ごしている時に、むさくるしい男3人(+α?)が身を寄せ合いながら1本のマイクに向かい、聖夜を一緒に過ごす恋人がいない様を全世界中にアピールするとは、こいつらはなんて自虐的なんだ…。

けど…そんなお前ら嫌いじゃないぜ!
むしろナイス過ぎるぜ!
ナイス過ぎるといっても過言ではないだろう。

当然、当日リアルタイムで聞いてるであろう俺もナイス過ぎるといっても過言ではないはずだ。


詳細は赤兜にてそのうち発表されるだろう。

個人的なことだが、いい加減チャットで「dangdang気になる歌ってくれよ」って書くのも飽きたので、次は何を歌わせてやろうか。  
Posted by da_crew at 00:37Comments(0)TrackBack(0)

2005年12月18日

液晶デジタルハイビジョンテレビ

ヨドバシアキバにSHARP LC-32GD7を追う!(藤岡弘。の探検隊っぽく)

298k表示でその上から「店員にご相談ください」と貼っていたので聞いてみると240k。いきなり「これでイッパイイッパイです」なんて言われた。「それは無いでしょう。カカクコム見てたら210k以下も出てきてるよ」って言ってみるも効果なし。またか、みたいな顔をされる。量販店ではカカクコムは通じないことを悟る。
10%ポイント還元なのだがポイントカード持っていないのでその分現金で引けないか、現金で支払うからと交渉するも全く駄目だった。愛想はいいが全く動かなかった。埒が明かないのであきらめた。

問屋系の店を数店リストアップしてて、行くつもりだったが家に地図を忘れる失態。うろ覚えで1店見つけるも午前中に在庫無くなったとの事。
俺が量販店にこだわるのは古いテレビを引き取ってくれるからで、問屋系では引き取ってくれないからだ。保障が付くってものあるし。ちなみにリサイクル回収やってるのか聞いてみたが、やっぱりやっていない。これじゃ210kでも意味が無い。6畳にテレビとCRTディスプレイが使われずにあるのはどう考えても邪魔だ。


そのあと電気街側の数店を回るも最初の言い値がヨドバシより高いか同じ。アキバを捨てる。


ヨドバシ新宿へ。

さすがに同じ店だけあって表示も聞いた価格もアキバと同じ。
愛想が悪く、しかも高圧的な店員に若干ムカつく。「これより安いところありますか?」なんて言ってきたので「そりゃあるよ。問屋系は210k切ってるよ」って言ったら店員が考えて「それでもウチはこれが限界です」と電卓で235kを提示。

やっぱり駄目かと思い、最後にポイント還元の話をしてみたら意外なことに現金払いに喰いついてきた。悩みながら電卓を叩きはじめ「一応これくらいになりますけど、これだと上に聞いても多分出来ないって言われます」と222kを見せてくれた。一応頼んで見ると店員は上司に相談しに行った。回答はOK。これにリサイクル料入れて225k。疲れてたのでこれで妥結。


家に戻って気づいたのだが、ポイント還元10%を引いてくれたと思ってたらそんなに引いてないのね。保障がポイント還元の5%分って書いてたので、その分が乗せられてたので5%しか引いてない。でもまぁいいだろう。普段なら保障なんて付けないがこの場合は付けとくべきだろう。

ほんとは210kで買いたかったし、マジ限界は230kと思ってたので、それはクリアしてたし良いかなぁと。


アキバでiPodも買った。
いきなりiPodがフリーズするのにはさすがにビビったが、なんとか動いてくれたので良かった。

あとドンキの5階にあるメイド喫茶をのぞきに行ったら行列できてんのな。20人くらい。割と女の子の客が多かった。あと中は全く見れなかった。  
Posted by da_crew at 02:42Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月29日

シルクロードオンライン

「フェイト/ホロウ アタラクシア」をクリアしてから暇になったんで、シルクロードオンラインを始めてみた。

韓国製MMORPGの日本版で、簡単に言えば無料リネージュ2だ。インターフェイスも瓜二つ。

リネージュはあまりの自由度に何をやっていいか解らず、結局課金制になって辞めちゃった。
シルクは始めて6日経つが、とりあえずもう少しやってみようかと思う。

今いろいろ説明しようかと思ったが、いい所があったので参照してね。

とりあえずアイテム1つでジョブチェンジ出来るのは興味深い。
職業アイテムをはずしてしまうと10分間同じ職業に戻れないみたいだが。
それとLv20にならなければ職業に就けないのも大変だ。今俺はLv17。もうちょっとで18になる。



キャラ名:DAsystem
シャード(サーバー):OASIS

失敗したのはOASISシャードが一番混んでる事。重い。
見つけたら声かけて。囁いてもいいよ。  
Posted by da_crew at 23:37Comments(0)TrackBack(0)

2005年11月15日

地上デジタル放送の無策っぷり

神奈川以外でTVKが観れなくなるかもしれん。つーか、なるね。


今、TVKはアナログで42CHを使ってるのね。
なのに、前橋でのフジテレビ地上デジタルが42CHを使うのよ。
地デジの試験電波の影響で、埼玉あたりだとアナログ42CHがかなり見づらくなってるらしいのよ。試験電波でだ。

23区に住んでる人はかなりの確立で見れない、もしくは映り悪い状態になる可能性が高い。


どうするよ、のっぴきならない事態が迫ってきてるぞ。
特にどうでしょうリターンズを見てる俺や、アニメ大好きな俺が痛い目にあうんだぞ。
後者は沢山いると思うのだが、どうだ?



法律でTVKは神奈川県内での電波発信を許可されてる。
東京など近郊で見れるのは副産物でしかない。
ケーブルテレビなどはTVKを電波を再送信しているので、TVK自体は違法ではない。
だけどそれが政府(総務省かな?)には気に喰わないらしく、ケーブルテレビ各社に送信を止めるよう指導しているらしい。
実際TVKの放送を止める会社もあり、地デジのTVKの放送もケーブルで流す会社は無いらしい。

悲しい事だ・・・。



なんでこんな電波干渉が起きたのか。そもそもなんで42CHなのか。
ろくに考えもしなかった政府が一番の問題だろう。

お前らどうするよ。  
Posted by da_crew at 19:44Comments(2)TrackBack(0)

2005年11月09日

お久しぶりです

いや〜、えらい放置してましたなぁ。お元気ですか?


まず、期間限定って通りに「COLLECTIVE」の歌詞は削除しました。
他のサイトや2chのログとか見たけど、俺のは割と当たってたねぇ。
俺の耳も腐ってなかったって事で一安心。
色々見たものを含めて最終案を書いても良かったんだけど、まぁいいだろ。
検索で来た人、キャッシュでお楽しみください。他とそんなに変わんないから。



放置してたもの、書くネタが無かったものでしてね。
I'veのライブ以降は結構な喪失感に苛まれましてな。今年は終わった感がありました。
なんだろうね、このやる気の無さっぷりは。

たしかに9月〜10月ってものすごい忙しかったのよ。
公私共に今まで味わったことも無いくらいな忙しさ。やらなきゃいかんものが同時に4つも5つもあった。
それをなんとかこなして開放感が溢れるかと思いきや、訪れたのは虚脱感の方だったね。
ああ、もうなんもやんなくていいんだ・・・みたいな。


そんな事がありつつも、しっかりとゲームとかやってたんだけどね。
Fateの新作とかの感想書くよ。そのうちね。今はなんかやる気しねぇ。



ちなみに、いつも1クールの初めにアニメの話をしてるんだけど、
HDDレコーダーがまだ壊れたまま放置してるのでアニメはまったく見てません。
アカギとエウレカしか見てません。ローゼンメイデンの第2シーズンが始まってるなんて先週知りました。

しかしアカギは面白ぇな。主人公より麻雀解説が一番しゃべるんだもの。アムロの中の人が。  
Posted by da_crew at 23:46Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月17日

I've武道館ライブ 感想

セットリストはこちらを参照。

それと、I've Sound Explorerさんに公演中の写真がありました。(ゲストは無し。違う所属だからかな)
衣装なんかが気になる人はそちらを参照してね。
しかし、ファンサイトとここまで密接な関係を持ってるって凄いね。


■オープニング
数分間にわたってオープニングムービーが場内スクリーンに流れる。
I'veの歴史を振り返るような感じで、各年代に出したCDのジャケットが映りそのCDの代表曲が流れる感じかな。カッコいい演出だった。
スクリーンにI'veの文字が出ると場内大声援。


■MELL
ライブの1発目は何なんだとドキドキしていた。
やっぱり"FUCK ME"かなぁ。でも美妃はいないしなぁ。
そんな事を考えていたら、MELL様降臨。ああ、美しい。
しかし1発目が"砂漠の雪"とは思わなかった。

ダンサーの男性が上半身裸。砂漠の雪の終わりにMELL様とダンサーが妖しく寄り添う。セクシーを通り越してエロかった。

2曲目には早着替えを披露。ピンクの長いベビードールっぽいの。
サイドにはかなり深いスリットが入ってて、そこから覗くボンテージみたいな衣装。さすがはMELL様だ。

3曲ともビートの利いたノリのいい曲だったので、オープニングとしては客を掴む良い選曲だったと思う。
I'veでのデビュー曲"美しく生きたい"にはちょっと感動。
あと"Permit"は歌って欲しかったなぁ。でもオープニングにはちょっとな。

ネットラジオでダイエットしたって言ってたけど、本当に痩せてました。
だって、MELL様が出てきて最初に思った一言が「おお、痩せてる」だったから。顎のラインがスッキリしてた。


■SHIHO
MELL様のノリを継承しつつ、SHIHOの3曲も非常にノリの良い選曲。

入ると思ってた"Kiss the Future"は入らず。俺はあんまり好みじゃないので。
あんまりSHIHOが歌う楽曲とは思えないから。でも人気あるんだよな。SHIHOの代表曲って言う人も多いし。
俺はSHIHOと言えば"Ever stay snow"なので、これが入ってた事が嬉しかった。


■詩月カオリ
6曲連続ノリノリの楽曲が続いたので、ちょっとクールダウンの"僕らが見守る未来"

2曲終わってのMCで、すでに泣く寸前。会場から「カオリン頑張れ〜」
なんとか持ち直して、「じゃあ、次は元気な曲いきます」と"Do you know the Magic?"
ダンサーがチアリーダー。笑ってもーた。
どっちかと言えば「萌え系」の曲…なのかな? 俺はそう思ってるんだけど。
2曲ともしっとりした曲だったので、これで会場大爆発。大いに盛り上がった。

なんつーか、「ほわほわ」っとした時間だった。これぞカオリンワールド。
だが、カオリンワールドの本領は後に発揮される。


■彩菜
ここでゲスト第1弾。
彼女がいなきゃここまでI'veが盛り上がらなかったであろう功労者。
2曲ともしっとりと聞かせるナンバーだったので客も聞き入ってた。

正直、俺はあんまりこの2曲には思い入れが無いので、ピンとこなかった。


■Lia
ゲスト第2弾。彼女もまたI'veの功労者であろう。
あの「Air」からI'veを知った人が沢山いるしね。さすがに盛り上がったよ。

"SHIFT -世代の向こう-"の2コーラス以降は英詩バージョンの"SHIFT -World Wide Mix-"でした。


ここでMC。
「シークレットゲスト登場です」なんて言ってた(ような気がする)が、
パンフに思いっきり折戸の名前が載ってるから予想はついた。
折戸登場に会場大盛り上がり。折戸本人は大緊張。大変シャイな人らしく、顔が引きつってた。
第一声も声が裏返って、それに会場爆笑。さらに顔が引きつる。なんてかわいい人だ。
この日のためにキーボードの練習をしたらしく、そのままキーボードに向かう。
そして、みんなが期待してた"鳥の詩"。曲の出だしが折戸のキーボードから。
みんながハラハラしてたような気が。俺だけかな、そんな事思ってたのは。

しかし、生で聞く"鳥の詩"は良かったな。歌うまい。


■川田まみ
いきなり"IMMORAL"で会場大盛り上がり。もう、この曲大好き。

2曲目に入る際、一旦ステージから消える。早着替えなのかなと思ったら、衣装はそのまま。
後で語ったのだが、ステージ登場からブーツの紐が解けていたらしく、それを結びに行っていたらしかった。

ラジオで聞いていたが、普段のしゃべる声がとっても可愛いの。アニメ声。

ちょっと忘れたのだが、コンポーザーの中沢伴行がどのタイミングで入ってたかな。
それはいいとして、川田まみから紹介を受けた時に会場が盛り上がった。
中沢氏も調子に乗って客を煽ってたのだが、川田まみに冷たくあしらわれる。そのやり取りが面白かった。


■MOMO
"Velocity of sound"・"DROWNING"で大盛り上がり。
個人的には"DROWNING"が大好きなので、歌ってくれて嬉しかった。

MCもそつなくこなし、最後にバラードの"philosophy"。これも大好き。俺は大熱唱してた。


■島みやえい子
どれらい派手な衣装で登場。俺は思わず笑ってしまう。

が、そんなことも吹っ飛ばすくらいの歌唱力を披露。明らかにオーラがあった。
いや、今までの人には無いとは言わないが、えい子先生は違うんだって。

会場から「えい子さ〜ん」「えい子〜」なんて声がかかっても、
本人は「えい子先生でしょ!」と切り返すなど、MCでも他のアーティストを凌駕する。さすがは年の功。
真っ赤な衣装に「チャンチャンコじゃないよ」なんてボケも。ナイスだ。

"Around the mind"を武道館で歌えるなんて想像もしていなかった、と言っていたが、
もちろん俺らだって聞けるなんて思ってもみなかったよ。ちょっと感慨に浸って聞いていた。
最後の"Automaton"も素晴らしかった。迫力満点。えい子先生の表現力は素晴らしい。


ここで、島みやえい子、MELL、SHIHO、MOMO、川田まみ、詩月カオリによる「I've Talk Jam 生」が始まる。
えい子先生の面白トークにSHIHOの司会とツッコミ、大変面白かったが、ここにモンスター"カオリン"が出現。

カオリンにステージについて聞くと、

「歌上手いから緊張してて…」

…は?
会場全員「ポカン」となる。

思わずSHIHOが突っ込んだが、カオリンは「歌う前から緊張してて」といったつもりらしい。
もうこれには会場大爆笑。さすがはカオリンワールド。こんな所にも笑いの神が降りて来た。

SHIHOが会場に名前呼んで〜みたいなことになって、その流れで客が名前をコールすることに。

じゃあ、あたしは?  「えい子先生〜」
あたしは?      「MELL様〜」
あたしは?      「MOMO〜」
あたしは?      「まみ〜」

そして最後にSHIHOが「カオリちゃんも聞いてみたら?」っ催促を受けて前に出たら…

「あっ…詩月カオリですぅ〜」

ドッカーン!!
ズルイ。天然はズルいよ。面白すぎるジャン。


最後にあの「レニー・ハート」が登場し、ヴァンダレイ・シウバの入場曲にのせてI'veコンポーザーを、あの巻き舌でコール。
どうもライブ開催の記者会見で高瀬氏が冗談っぽく言っていたらしいのだが、実現させてしまったようだ。

…なんだ、このライブは?
仕掛け人の高瀬はシウバの手首クルクルの真似をしながら登場。

えーと、実はレニーが登場するまでずっと座ってました。俺の立つきっかけがレニーでした。
つーか、周りが全然立たねぇんだよ。立ちにくいだろ。
まぁ俺もレニーきっかけで立つものどうかと思うが。ケツも痛かったので頃合だった。


■高瀬一矢、C.G mix、中沢伴行
まさかここで"FUCK ME"が聞けるとは思わなかった。インストだけどね。
メロディーラインはmix兄さんのシンセで再現。会場が異常な興奮状態に。
ここは俺も暴れまくった。これを聞いて興奮しない訳が無い。


■KOTOKO
"FUCK ME"の流れを受けての"Collective"だったので、えらいノリだった。
CDとは違う歌い方で凄くドスの効いたというか、迫力あった。Outerみたいな感じ。

まぁKOTOKOはライブに関しては他の人より経験あるので、客をのせるのはうまかった。
しかしMCはやっぱりイマイチ。まぁこれ含みでKOTOKOって感じだけどな。

佐藤裕美を登場させ、初めて生で歌う"Second Flight"。恐らく最初で最後だと思う。

続いて愛弟子・怜菜を登場させ、KOTOKOは一旦引く。


■怜奈
なぜ"Isolation"を歌ってくれないの。ちょっとガッカリ。

"Close to me…"のアレンジが良かった。オリジナルとMixed Upのバージョンを一緒にした感じ。

この子可愛いね。パンフなんかでは可愛い感じなのだが、ライブでは綺麗だった。メイクだね。


■KOTOKO
ふたたび登場。
そしてついに電波ソング"Change My Style 〜あなた好みの私に〜"が。会場全体がぶっ壊れる。
そしてダンサーがメイド服。これにKOTOKOが「萌え」発言。

最後に"Wing my Way"。いや〜いい曲だ。
あんまりライブでも歌ってなかっただけに、聞けてよかった。



ここでライブ終了。
アンコールするも中々出てこない。2分くらいして登場。



■I've Special Unit
"See You"泣けた。これは泣けた。
歌う前のトークで、えい子先生はすでに泣いてた。

会場全員でLa La Laの大合唱。誰も一緒に歌ってとも言わなかったのに自然とそうなった。
あれは泣けるし、鳥肌ものだった。
えい子先生が言っていたが、これだけ人が集まると凄いことが出来るって。

"Fair Heaven"はあまり印象が無い。"See You"でもう感極まってた。


■エンディング
もう、なにがなんだかわからん。感動の一言。

一番印象に残ったのが、MELLが泣きながら「友達を救ってくれてありがとう」って言葉に俺も泣いてしまった。この言葉はキたねぇ。

ステージに人が消えて、客の皆でのI'veコールにまた感動。


以上。

ライブパフォーマンスとしては、えい子先生がダントツだった。
楽曲・歌唱力・MC、どれも素晴らしかった。

笑いあり、涙あり、感動あり、素晴らしいライブだった。
正直、最初で最後のライブかと思ってたんだが、会場もほとんど入ってたし、
これだけうまくいったから次のライブもきっとあるだろう。そう信じてる。

グッツは、パンフレット・リストバンド・タオル・ニットキャップの4つ。
ニットキャップは即効で売り切れたらしい。俺もニットキャップが一番欲しかったし。


間違いなく忘れないライブだった。「ありがとう」って心から思った。  
Posted by da_crew at 02:02Comments(0)TrackBack(1)

2005年10月16日

I've武道館ライブ セットリスト

感想は寝てから書くね。


■MELL
01. 砂漠の雪(演奏:C.G mix)
02. Fly to The Top(演奏:C.G mix)
03. 美しく生きたい(演奏:C.G mix)

■SHIHO
04. Belvedia
05. Ever Stay Snow
06. Birthday Eve

■詩月カオリ
07. 僕らが見守る未来(演奏:羽越実有)
08. Senecio(演奏:羽越実有)
09. Do you know the Magic?(演奏:羽越実有)

■彩菜(ゲスト)
10. Verge
11. Last regrets

■Lia(ゲスト)
12. SHIFT -世代の向こう-

  ※ここでKEYの折戸伸治が登場

13. 鳥の詩(演奏:折戸伸治)

■川田まみ
14. IMMORAL(演奏:中沢伴行)
15. 明日への涙 (演奏:中沢伴行)
16. eclipse(演奏:中沢伴行)

■MOMO
17. Velocity of sound
18. DROWNING
19. philosophy

■島みやえい子
20. 砂の城 -The Castle of Sand-
21. Around the mind
22. Automaton

  ※「I've Talk Jam 生」 (島みやえい子、MELL、SHIHO、MOMO、川田まみ、詩月カオリ)
  ※↑終了後(というか流れで)、PRIDE等で有名なあの「レニー・ハート」による
  高瀬一矢、C.G mix、中沢伴行の紹介。超巻き舌。

■高瀬一矢、C.G mix、中沢伴行
23. Fuck Me (Instrument)

■KOTOKO
24. Collective(演奏:高瀬一矢)
25. 涙の誓い

  ※ここでゲストの佐藤裕美が登場

■KOTOKO&佐藤裕美
26. Second Flight

  ※佐藤裕美退場後、I'veの新人でKOTOKOの弟子である怜奈が登場

■怜奈
27. Close to me… "Mixed up TAKASE KAZUYA Style"

■再びKOTOKO
28. Change My Style 〜あなた好みの私に〜(演奏:高瀬一矢)
29. Wing my Way

  ※ここでアンコール

■I've Special Unit(島みやえい子、MELL、SHIHO、MOMO、KOTOKO、川田まみ、詩月カオリ)
30. See You(演奏:高瀬一矢、C.G mix、中沢伴行、羽越実有)

  ※ここでゲスト総登場

■I've Special Unit(島みやえい子、MELL、SHIHO、MOMO、KOTOKO、川田まみ、詩月カオリ、怜菜)+ゲスト出演者
31. Fair Heaven(演奏:高瀬一矢、C.G mix、中沢伴行、羽越実有)




ライブ時間は約4時間。
演奏曲は多分合ってると思う。
スタンド2階席(実質3階)だったので、演奏者が合ってるかが不安。
基本的に顔は見えない。ボーカルはモニターに映るがバンドはそんなに映らないからね。

「30. See You」の時にI'veのコンポーザーが演奏してたかどうか解んなかった。
アンコール後の事は感動して胸にくるものがあって記憶が飛んでる。
「31. Fair Heaven」の時も折戸が演奏してたかな。どうかな。解んねぇ。  
Posted by da_crew at 09:28Comments(0)TrackBack(1)

2005年10月15日

僕は今、武道館に居てます。

今日はI’veの武道館ライブの日。

無事到着したのは良いんだけど、早く着き過ぎた。開場が15:30、開演が17:00。只今14:00。
…どうしよう。


武道館の隣に公園があって、そこのベンチに座ってやり過ごそうと思ってます。
PSP持ってきて良かった。無かったら暇で死ぬぞ。

いやね、グッツが売り切れる前にと思ってな。でも流石に早かった。

開演まであと2時間半。なげ〜。
  
Posted by da_crew at 14:21Comments(0)TrackBack(0)

2005年10月11日

秋葉原について

行って来たよ、ヨドバシakiba。

広いし、駅直結だし、物は揃ってるし、良い店だと思うが、やっぱり高い。
価格はやっぱり電気街側の方が安い。


このヨドバシができた事によって、明かに出店する前には見られなかった客層が沢山いた。
さんざんニュースやネットで言われてたことだが、今日見てきて確かにそれを感じた。

一応ヨドバシにも萌えコーナーみたいな物が売ってるスペースがあるのよ。すんごい小さいけど。
ちょうどエスカレーターから降りた所にあるので結構目立つ。
そこに明かに非アキバ系の人達が人垣を作ってるの。カップルとか、老夫婦とか。中には写メ撮ってる人もいた。
ああ、やっぱり今まで秋葉原に寄りつかなかった客層なんだなって、改めて思った。

ちなみにその奥にはパーティションで区切った18禁ゲームスペースもある。

女:「いってみよーよ」
男:「嫌だよ、キモイ」

そんなやりとりをしてるカップルも居た。ぶっちゃけウザイわな。


そして電気街側にも行ってみた。
こっちにも明かに今まで見ない客層が居たよ。「キモ〜い」を何回聞いた事か。
まぁ、ああいう人達は2度とこっち側には来ないんだろうな。


あれだね、ヨドバシが出来て秋葉原が変わるのかなって思ったけど、変わらんよ。
線路を分けて別の街が出来たって感じ。「オタク街・秋葉原」ってのは無くならんな。


今回は見学目的で、「iPod nano」があれば良いなぁ、なんて思いで行ったのだが、まぁそんな甘くは無い。
Mac直営店も行ったけど、黒の2GBしか無いって。
黒はエライ傷が目立つとネットで言われてたが、確かに触れる展示品でも傷だらけだった。
やっぱ白の4GBだよな。安定供給までしばらく待つ。



今日のブツ。

250GBHDD(日立製バルグ)
ヘッドフォン  KOSS PortaPro
マウス MX™1000 Laser Cordless Mouse

ヘッドフォンは当たり。評判通りの出来の良さ。

マウスは高いだけって良い出来。
今まで使ってたのが勝手にスクロールしたりと酷いもんだったので、まともに動くってだけで嬉しい。
リチウム電池内蔵の充電式なのだが、電池がの寿命ってどれくらいなんだろう。1年とかじゃねぇだろうな。


そうそう、ヨドバシakibaにはバルグのHDDが売ってない。(多分)
その辺の住み分けは出来てるのね。  
Posted by da_crew at 00:19Comments(0)TrackBack(0)