愛知発 ソーラーサーキット工務店の家づくり

愛知県の名古屋市、尾張地域で家づくりを行う工務店・大清建設の社長のブログです。 大清建設では地域の気候に沿った断熱にこだわった外断熱工法・ソーラーサーキット工法の家づくりをしています。 ブログでは家づくりの中で気づいたこと、日々の活動から建築に関連することを発信していきます。

苔庭

雨の日苔庭美しさ


s-DSC_0031







おはようございます。

昨日の記事に紹介した展覧会の後で、時間がある時に訪れる茶室に行ってきました。

ここはお抹茶や主菓子がお値打ちで美味しいのはもちろん、四季折々の景色を楽しむことができて自分の中ではイチオシの場所です。

この日は一日中雨の天気。

基本的に雨は苦手です。傘をさしていてもそれなりに服は濡れますし、車の運転も気を遣います。

しかしながらこの静かな茶室と茶庭は雨でも趣があります。

雨にしっとりと屋根が濡れた数寄屋建築。

常緑の木々の様子。

そして何より、苔庭の鮮やかな緑がとても綺麗です。

苔と飛び石の様子、そして木と竹で編んだ柵。

さらには木々と茶室建物とのバランス。

苦手な雨も忘れるくらいに、また日々の疲れが癒される世界を体感してきました。

s-DSC_0034












今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

継手

継手仕口美しさ


s-DSC_0013












おはようございます。

電車やバス移動をする時や、多数が来場する展示会などに行くときにはマスクは必携となってきましたね。

私ももちろんマスクをして外出しています。

さてそんな中、先日展覧会にいってきました。

毎年この時期に名古屋の産業技術記念館で行われる竹中大工道具館の企画展示です。

今年のテーマは「木組みを分解してみました」です。

会場では様々な木組みの方法が所狭しと並べてあり、中には錦帯橋のモデル展示や実物大の継手などもあり、どれも見応えのあるものでした。

例えば上の写真。

古代から現代までの木の継手(これは「鎌継ぎ」と言います)の変遷を実寸のカットサンプルで展示してありました。

最近まで基本の継ぎ方は大きく変わっていませんが、最後のサンプルにある金具継手は大きな変化と言えます。

どの時代も木の連続性と構造強度を考えた木の組合せとなっています。

また下の写真の実物大の四方差しの木組みのモデルでは、大規模な寺社建築を支えるためにはある程度の柱のサイズがないと断面欠損の影響もあることをわかりやすく展示してありました。

しかしながら写真のような緻密な木組みをすると、欠損の影響はなく、「剛接合」とまではいかないまでも、かなりの強度のある接合となっているように思えました。

30分ほどの映像もあり、小さな会場でしたがとても長い時間楽しく過ごすことができました。

これが無料で見られるなんてとてもありがたいです。

s-DSC_0012












今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

コーナー利用

キッチンダイニングカウンター


s-_DSC5990








おはようございます。

ニュースで梅の便りが聞かれますが、最近では早咲きの桜の開花予想をしている情報番組もありました。

名古屋でも東区のオオカンザクラは早咲きで有名ですが、例年より少し開花が早まるとの予報でした。

通り沿いにある桜並木を見ながら車を走らせるのも気持ちいいものです。

今から楽しみでもあります。

さて今日はキッチンやダイニングまわりのカウンターについてです。

間取りによっては上の写真のようにダイニングテーブルの背面に余裕ができて、そこにカウンターを設けることができます。

対面キッチンでキッチンの長さが一般的な2.55Mのものでしたら、タウンターを設けても問題ありません。

この位置のカウンターの便利な所は、ダイニングチェアを回転するとそのままカウンターの椅子になるという事です。カウンター用にわざわざイスコ用意しなくて済みます。

カウンターの両サイドにも余裕があれば写真のような収納も組み込んだ本格的なスタディーコーナーとしても活用できます。

またキッチンサイドに設けるカウンターは家事コーナーとして、調理のレシピ確認やちょっとした書きものなどに便利です。

キッチンでの作業しながら使うことも多いので、椅子を利用しないで写真のように立ったまま使うケースも多いカウンターです。

ここに上げた使い方以外にもそれぞれのカウンターをいろいろ工夫されて使っているようです。

s-_DSC7190












今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

室内干し

室内干すのに便利


s-a3f06626634fb4e654dfe95bdf50b5f7_s








おはようございます。

先週の暖かさに春は確実に近づいてきている実感がありました。

しかしながらまだ季節は冬、先日名古屋でもこの冬初の降雪があって防寒対策は欠かせません。

また冬の天候は不順なこともあって洗濯物を思いっきり外に干す機会もそう多くはないでしょうね。

そのような環境では洗濯物を部屋に干すという状況も多くなると思います。

以前は部屋干しは生乾きの臭いが気になっていましたが、最近では洗剤の進化で部屋干しでも臭わなくなっています。

CMでもよく見かけますね。

そうした生活環境の変化にも住宅でも対応していかねばなりません。

その一つが下の写真にある寝室に設けた室内物干し(正面の窓側に見えるパイプがそれです)。

この写真は固定のタイプですが天井に収まるタイプもあります。

室内に物干しがあれば、天気のいい日には外干しする前に一旦洗濯物を整えたり、干し終えた洗濯物を取り込んだりする時にも重宝します。

便利なアイテムですね。

s-夫婦寝室








今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

壁仕上げ

コテ仕上げ風クロス


s-18413fe5e0ba4103eca0205ea265efa8_s









おはようございます。

ここ数日気温の高い日が続きました。

冬なのでまだまだ寒い日もあると思いますが、三寒四温という言葉通り、暖かい日と寒い日を繰り返しながら春を迎えていくのですね。

さて、今日は壁仕上げの話題です。

お客様から壁をコテ塗りの漆喰仕上げにしたいとのご要望もあります。

プレーンな漆喰の壁は伝統的な和風住宅やモダンな和風住宅にとても合います。

当社でも時折そうした仕上げをします。

またコテ跡を残した仕上げも味わいがあっていいものです。

皆さん心配されるのが乾燥によるひび割れと汚れ。

これらは住まい方によって差はありますが、生活していくうえで発生するものです。

それらの注意点をご理解いただいてコテ仕上げをするのですが、不安な方もいらっしゃいます。

素材を重視する方は他の仕上げをという選択肢はないのですが、コテ塗りの雰囲気を重視される方にはクロスという提案もします。

最近のクロスはとても進化しており、コテ塗り仕上げと勘違いしそうなものもあります。

下の写真が「コテ塗り風」のクロスの写真です。

コテ跡もしっかり再現していますので、雰囲気は上々です。

当社のショールームに貼ってありますので、気になる方は見に来てくださいね。

s-DSC_2387







今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

洋風

アメリカ西海岸風ホール


s-DSC_2360












おはようございます。

先日結婚式と披露宴があって参加してきました。

例年並みの寒い日でしたが、青空がきれいなとてもいい日で屋外でのイベントも素敵な雰囲気で行われました。

会場は郊外の幹線道路沿い。駅にも近く付近は区画整理で住宅も建ち並ぶエリア。

ホールはそれなりの大きさとアメリカ西海岸風のデザインやパームツリーによって存在感があるのですが、少し高めの塀によってアイレベルではあまり目立たないような設えがされているようです。

住宅地ならではの配慮とゲートをくぐった後の印象を高める効果もあるのでしょうか。

実際に中に入ると西海岸風のデザインをより強く感じることができます。

下はゲートをくぐった後の正面エントランス付近の写真です。

白い外壁に列柱、そして窓周りのデザイン。

さらにミニプールが西海岸風の演出を高めてくれています。

街並みへの配慮がなされていれば、非日常の晴れやかな空間としてはこうしたデザインもいいですね。

s-DSC_2359












今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

吹抜けの換気

吹抜け換気窓


s-s-内観2









おはようございます。

2月も半ばになると、この地域でも梅の便りが聞かれるようになりました。

今年は寒い日が続かないので平年よりやや早いと思われ、実際に気象庁によると名古屋では早咲きの梅の開花が確認されたのは平年より19日も早いようです。

とは言ってもこれからが梅の見ごろのピークを迎えますね。

梅の季節が終わると一気に春の陽気になります。日によっては室内では暑く感じることもあるでしょう。

暖かい空気は上へのぼるので、どうしても2階の方が1階よりも気温が高くなる傾向にあります。

そんな時に吹抜けに面した窓が開閉できると、1階の窓の開閉と合わせて空気の通り道を作って換気ができます。

上部の窓が廊下や階段に面していたら開閉も楽ですが、そうでない場合はどうするのか。

それが写真のような高所でもチェ―ンを使って開閉できる窓が便利です。

便利なのですが、一つ気を付けないといけない点があります。

それは目線にある窓とは違って高い位置にあるので、閉め忘れには十分注意が必要です。

s-吹抜け








今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

高台

高台土地建てる


s-CIMG1336








おはようございます。

数日前から天候が悪く、これからも曇りがちで雨模様のようです。気温は平年より高めで過ごしやすくなっています。

乾燥して空気が澄んだ晴れの日はこの季節は青空が綺麗です。

景色のいい高台に建つ住宅では遠くの方までビューが開けてとてもうらやましい環境です。

景色の良さは高台にある土地が一番でメリットなのですが、敷地の状況によってはデメリットになるケースもあります。

上の写真のようなかなりの高低差のある敷地では平坦な土地と比べて工事費が大幅にアップします。

材料の搬入も大変になります。

しかしながらこうしたデメリットは皆さん想像できるので、同じエリアの平坦地よりは土地価格が安く抑えられている場合も多いのです。

そうすれば、工事費のコスト高と土地のマイナス分で相殺できるのです。

土地購入時には、このあたりの見極めがとてもハードルの高いことになるので実際には我々のような専門家に相談するとよいでしょう。

うまくまとめることが出来ると下の写真のような高台からのワードビューを楽しむことができますね。

s-111217_08












今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

結露

結露発生する場所


s-45af73d9ea1d6c9704a3f7495413310a_s









おはようございます。

寒くなると暖房をするのですが、気になるのが結露ですよね。

大きな開口部ですと結露水が窓枠や床にたまって毎日処理が大変です。

新築ではペアガラスが標準になっていて樹脂窓も採用率が高いので、窓の結露は防ぐことができます。

しかしながらストーブやガスファンヒーターなど内燃式の暖房機は、燃焼時に水が発生して室内の湿度が上がって窓にも結露が生じる場合があります。

またこの時に気を付けないといけないのが内部結露です。

窓の結露は目視で確認できるのですが、壁の中の結露は目に見えない分厄介です。

結露は夏に氷を入れた冷たい飲み物のグラスの表面に発生することでわかるように温度の狭間で生じます。

暖められた室内の空気と外部の冷気の接点を無くすことが出来れば結露は生じません。

つまり間に断熱材をきちんと入れることです。

この「きちんと」というのが大切で、断熱材に隙間があると暖気と冷気の接点が生じることになり、壁の中に結露が発生します。

結露水が内部の木にダメージを与えますが、窓のように結露水を拭くことが出来ないので、そのダメージが拡がりやすくなります。

そうならないように気密性能を確保するのが大切なのです。

大きな開口部と壁の中も結露の心配のない家で安心してお過ごしください。

s-s-_DSC7167












今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

クールかウォームか

玄関二つスタイル


s-_15Q6863












おはようございます。

それまで1週間に1回の更新だったこのブログですが、2012年の2月12日から毎日書くようになり、早6年が経過しました。

本日から7年目になります。いつもお読みいただきありがとうございます。

新たな気持ちで書いてまいります。

さて、家の雰囲気がわかるのはまずは外観です。

洋風なのか和風なのか、モダンなのかトラディショナルなのかといったスタイルの分類とともに、クールな色使いか暖色系の色使いかといった分け方や素材の違いによる分類もできます。もできます。

内観も同じようにいろいろなスタイルや色で分類できます。

無垢材を使うと自然と暖かい雰囲気が作れます。

玄関でその例を見てみましょう。

上の写真もその一つで、生成りのような雰囲気で無垢材の暖かみを感じる事ができます。

玄関からこの雰囲気なので、その先の空間や家具の色や素材などの様子もなんとなく想像できます。

それだけ家の印象が伝わる部分が玄関ということですね。

空間としてはそれほど広くはないのですが、玄関の雰囲気づくりは大切なのです。

同じ玄関でも白と黒のシンプルでクールな色使いの玄関は前の写真とは大きな違いがあります。

もちろんその先のリビングや家具もこのテイストに合ったものになっています。

s-_15Q3948








今日も皆様にとっていい一日でありますように。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

お問合せ:https://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform1/contact.html

大清建設のインスタグラム:
https://www.instagram.com/daisei_outi/

2月22日(土)・23日(日)は
「健康な家づくり」無料相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 



大清建設も応援しています。

プロフィール

dacdesu

Archives
サイトメニュー
コメントありがとう
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
メンバーリスト