愛知発!ソーラーサーキットで楽しい家づくり

外断熱工法・ソーラーサーキット工法にこだわる工務店より、真剣にかつ楽しく家づくりをするための情報を発信します。

落ち着き

玄関まわり落ち着き

落ち着き















和テイストのソーラーサーキットの家の玄関廻りです。

まもなくお引渡しなので、事前にお客様に仕様をご確認をいただく時間を取っていただきました。これまでは養生があって見えない無垢の床材や、網代模様の玄関収納が無垢の建具とともにしっかり見れます。

全体は落ち着いた木の風合いを活かした色を基調としています。

私の親世代のご夫婦が暮らすお宅なので、「和風の落ち着き」をデザインや色の選択をしました。

無垢材を多く使っているので、これからの経年変化も楽しめますね。

8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


小舞壁個性

裏











日曜日に土壁を付けた小舞壁の室内側です。

表からしっかり土を付けると小舞の間から土がはみ出しています。こうすることで小舞と土が密着します。

小舞壁はそれぞれの面を何人かのグループでかいた(編んだ)ので、それぞれの壁に個性が出ますね。

柱・梁、貫といった構造材と小舞壁の竹と紐(本来はわら縄)とはみ出した土壁のコントラストがどの壁もきれいです。

この後で裏返しをしますが、しばらくこのままで眺めていたくなるようなきれいな景色です。


8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


土壁を付ける

小舞壁土壁付ける

土壁











昨日は先日来より建築士会の委員会で制作している、土壁の建物のメインである土壁付けに行ってきました。

前回暑い中、竹の小舞をかいて下地は出来上がっていましたので(左の写真)、この日はあらかじめ寝かせてあった土壁をこねるところから作業が始まりました。

その後各自で4つの面の壁を手分けしてコテを使って塗っていきました。

皆がほとんど初めての経験で(私は幼いころ見よう見まねでやった記憶があります)、最初は大変そうでしたが、午前中で表を塗ることができました。

プロから見れば粗さが目立つのでしょうが、遠目ではまずまずの様子に皆で満足していました。

午後から打合せがあって現地を離れましたが、午後から引き続き作業をした模様です。
内部の下地工事行われ、順調に工事が進んでいます。

楽しい作業でした。

8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


進行中

玄関ポーチ見上げる

進行中











深く張り出した玄関ポーチの屋根。現在サイディングが貼られて目地のコーキングが進行中です。

内部の下地工事行われ、順調に工事が進んでいます。

プランニングの際のお客様から「駐車場で車を降りてから雨に濡れずに家に入りたい」と
のご要望があり、このポーチの左側に駐車場を設けてそこにカーポートを設置する予定です。

写真の深く張り出した玄関ポーチの屋根と連なって、ご要望をかなえることができました。

こうしたご要望は住宅の配置や間取り、形状にまで影響があり、しっかりチェックしていく必要があります。

完成時に実証できる日を心待ちにしております。


8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


ポーチ

玄関ポーチから期待

玄関P











タイルの種類と貼り方に工夫した玄関ポーチ。

遠くから見ると外壁のパターンを採り入れたデザインとなっており、近づくとパターン化されたタイル、クラッシュされたタイルが目に入ってきます。

遠景、近景ともに中がどうなっているのか期待を持たせます。

実際は玄関を開けると、足元と天井付近にライトコートからの光が入り、珪藻土の塗り壁の玄関を明るく演出しています。


8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


シンポジウム

岡崎まちづくり考える

岡崎まちづくり











水曜に行ったシンポジウムを振り返っています。前日にわが街の行政マンと飲んでいて、「街の核」がある市はそれで一つにまとまるのでうらやましいと話しました。

例えば、このシンポジウムの会場の岡崎市。誰もが知っている徳川家康、岡崎城など歴史的・文化的な核があります。

またわが街と同規模の犬山市にも日本最古の天守閣のある犬山城やその城下町。それを核として観光でのまちづくりを行って、具体的には城下町の電柱の地下埋設などを進めています。

このように核の下にまちづくりのコンセプトがまとまりやすいとシンポジウムに参加するまで思っていました。

しかしながら、そうした歴史的・文化的なものも大切ですが、より大切なものは「人」であるということを実感したシンポジウムでした。

そしてもう少しその街「らしさ」を加えることが必要なのではないか・・・。

その「らしさ」を追求してみたくなりました。


8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


ひと手間

トイレカウンター延長

Fトイレ











夏休み前にお引渡ししたお宅のトイレです。

もともとのトイレの手洗いは便器奥のカウンター上に付いていたのですが、巾が広いトイレなのでカウンターを付けてその上に手洗いを移動しました。

もちろん水圧などチェックしないと水がでないこともあるので、そのあたりも考慮しています。

取り付けたカウンターのモザイクタイルも室内のカラーと調和した落ち着いた色です。

カウンター下にはマガジンラックなども置けそうで、トイレの時間が大幅に増えそうな快適空間になりました。

8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


将軍の間

歴代将軍も見た風景

大樹寺将軍の間




















大樹寺の本堂は誰でも拝観できるのですが、本堂に続く「大方丈」、「文化財収蔵庫」、「位牌堂」は有料となっています。

位牌堂にある歴代将軍の位牌の話は昨日のブログで紹介しました。

写真下は「大方丈」にある「将軍御成りの間」です。この横には大名家の控えの間が石高に応じて3つの部屋に分かれています。

「将軍御成りの間」や大名の控えの間には本来豪華な襖絵が飾られているのですが、文化財保護のために「文化財収蔵庫」に保管してあります。収蔵庫は写真撮影禁止のために紹介はできないのですが、御成りの間にある大和絵(国の重要文化財だそうです)はとても見事で、復元された部屋に飾られています。

素晴らしいものを見て感激しました。

ありがとうございました。

8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


ビスタライン

380年もの守られた景観

ビスタライン











先日あいちトリエンナーレの岡崎会場に行く途中、大樹寺を訪れました。

ここは松平家と徳川将軍家の菩提寺であり、両家の位牌が安置されているお寺でもあります。

徳川将軍家の位牌は初代家康公の遺命により代々の等身大の位牌が安置されています。将軍が亡くなった後にその時の身長を測る役人がいてそれを基に位牌を作ったそうで、ある将軍のお墓の発掘調査がなされた時に調べた身長と位牌の高さはほぼ同じだったそうです。

寺の伽藍配置は三代家光公の頃の造営が基になっています。本堂から山門の軸線を遠く伸ばしていくと岡崎城があります。山門からその方向を眺めると、今でもしっかり岡崎城を見ることができます。

秩序なく都市開発を進めていたなら、この眺望は失われていたかもしれません。

この眺望「ビスタライン」を守るという岡崎市および市民の強い意志と歴史的価値のある建物や松平家・徳川家への崇拝と愛着を強く感じました。

地元の北名古屋市の市民でもあり、都市計画審議会の委員でもある私としても非常に刺激を受ける訪問となりました。

ありがとうございました。

8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


キッチンまわり

平屋住宅キッチンまわり

FDK











ライトコート(中庭)のある平屋の住宅が完成しました。内部もライトコートのウッドデッキを除いて出来上がっています。

写真中央のパーティーシンクのあるカウンターのモザイクタイルやアクセントタイルも左官経験のあるお客様の奥様がご自身で貼られたもの。

横の食器棚や家電収納は昨日も紹介したとおり、奥様のリクエストを基にお客様のお父様が造られたものです。

パーティーシンクのある家具と腰壁のストライプのカラーの色調が合っていますね。写真では見えませんが、造り付けの家具と建具の色調も合っています。

いろいろ緻密に計画がなされた結果ですね。

本当にこれからの楽しい生活が想像できますね。

8月27日(土)、28(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


livedoor プロフィール
Archives
サイトメニュー
コメントありがとう
トラックバック感謝
メンバーリスト