愛知発!ソーラーサーキットで楽しい家づくり

外断熱工法・ソーラーサーキット工法にこだわる工務店より、真剣にかつ楽しく家づくりをするための情報を発信します。

B&A

工事完了報告写真

B&A











お風呂・洗面・トイレ・洗濯機置き場といった水回りすべてを改修する工事が終了しました。

市のリフォーム補助金を使って改修を行いましたので、申請時と同じ構図で改修後の写真を撮りました。

寒いお風呂、シャンプーができない洗面、温水が出ないトイレ、屋外での洗濯といったこれまで不便な、そして危ない思いで暮らしてきた水回りを、安全で快適な空間にリフォームしました。

まだ使い始めで慣れない点もありますが、いろいろな面で快適になったと言っていただきました。

「せっかく綺麗になったのだから、夫婦で長生きしようと言っているんですよ」というお客様の言葉がとてもうれしく感じました。

末永くお使いいただければ幸いです。

5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


地盤調査

地盤調査立ち合い

地盤調査











昨日は地盤の調査に立ち合いました。

自走式の機械でスウェーデン式サウンディング(SWS)試験を行いました。通常は建物の四隅と中心の計5箇所を調査します。地中埋設物などの障害がある場合は、近くのポイントで測定をし直すこともあります。

この日は順調に調査が進み、これから解析に入ります。

調査時のデータを見せてもらい大体の様子はわかりましたが、調査会社の報告を待ちたいと思います。

真夏日を記録した暑い中調査していただいた調査会社の方、ありがとうございました。

5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


上棟

ソーラーサーキット上棟

西区上棟











昨日はソーラーサーキットの家の上棟日でした。いい天気の中で作業を進めることができました。

いい天気過ぎて、日中は30度を超えて真夏のような陽気で大工さんたちは水分補給をしながら頑張ってくれました。

建て替えの現場で仮住まいの場所から車で数分のところにあるので、お客様も暑い中何度も顔を出していただきました。

またお客様からは「丈夫そうな家でよかった」とのお言葉もいただき、うれしく思いました。

会社からも近いので、ソーラーサーキットの家に関心のある方にはご案内させていただこうと思っています。

上棟おめでとうございました。


5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


美術館

20世紀美術美術館

美術館 (2)











昨日伊東市にある「池田20世紀美術館」を訪れました。

企業の創業者が集めた20世紀の絵画や彫刻のコレクションを美術館を作って展示しているものです。

ピカソ、ミロ、シャガール、そして現代に近い、ウォーホールやリキテンシュタインなどすごく充実したたくさんのコレクションを堪能しました。

また館内には建築家ガウディのコーナーがあり、建築作品のレプリカやミニチュア模型が展示してありました。中でも90年前のサグラダファミリアの写真には感動しました。今ほどには建築技術がない中で、すでに特徴ある塔が建っている写真でした。

いい展示に出会えてとてもいい休日でした。

5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


涼風

涼風求め解放

36詩仙











データ整理していたら、以前訪問した建物の和室から見た庭の写真を見つけました。新緑の木々がきれいで、そこからの涼風も感じられる様です。

和室には36歌仙の絵が飾られていて、とても趣があります。

軒も深いので、太陽高度が高い夏には直射日光を遮蔽してくれています。

最近の省エネに関する性能を数値で表す際に日射遮蔽も考慮に入れる項目もあり、昔の日本の軒の深さも、合理的な考えということもできます。

庭の緑も暑さ対策になっています。ドライな庭ではそこを通して入り込む風は、時には熱風となることもあります。それに対して低木の上を抜ける風は温度が上がることなく、涼風となって室内を抜けていきます。

5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


土台

上棟土台

土台伏せ











来週上棟予定の現場の土台伏せが終わりました。あとは当日の晴れを願うだけです。

予報ではいい天気なのですが、あまり気温が上がると作業にも差し支えるので少し心配ではあります。

上棟を終え、屋根が葺かれ、サッシと断熱材が取り付くと見学も可能となります。会社からは近いので、ご希望の方には個別にご案内させていただこうと思います。

来週の土日に開催する、別のお宅の構造見学会もありますので、そちらもご見学ください。

5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


改めて

新SR見学改めて

リクシル











昨日は4月にグランドオープンしたリクシルのショールームで工務店仲間と勉強会を行いました。

岐阜や三重、静岡の工務店さんも参加していたので勉強会に先立ち、リクシルの担当者の方からショールームの説明を詳しく聞く場を設けました。

プレオープンの時に我々向けの内覧会にも参加してある程度見て回ったのですが、かなり人数が多くてなかなか落ち着いて見ることができなかったので、今回はしっかり見れました。

カタログだけではわからないところを、実物やサンプルを見たり触れたりして確認するのがショールームの役割の一つですが、今回のショールームはそれをよりしっかりできる場所になっています。

オープン間もないということで土日には250組、1000人ものお客様が来場するという盛況ぶりです。

この日も平日にも関わらず、たくさんのお客様が来場していました。

5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


西洋美術館

コルビュジエ作品世界遺産に

西洋美術館











一昨日からニュース配信された中で建築にかかわるものとして注目したのが、国立西洋美術館が世界遺産登録へというニュースでした。

学生時代には20世紀を代表する建築家として、いろいろなところで建築作品や絵画、そして著述作品などに触れてきました。

たぶん一番多く作品を見てきた建築家でしょう。この国立西洋美術館はもちろん、海外でも作品を見てきたことは懐かしい学生時代の思い出です。

世界遺産になることで建物は保存されることになり、これからも建築を志す学生たちに大きな刺激を与え続けるでしょう。

しかしながら国内には日本の偉大な建築家の名作も数多く存在しています。すでに解体されているものも少なくありません。

こうした日本人建築家の作品もいい形で保存できるといいな、と記事を見ながらの一人でつぶやいていました。


5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


浴室改修

浴室改修出来ました

B&A















浴室を含めた水回りの改修を行っている現場で、現場施工のお風呂からユニットバスへの改修が終わりました。

現場施工のお風呂は床や壁が直接地面やコンクリートブロックに接しているので、外気温が低い場合は、相対的に床や壁の温度が低くなります。また開口部もアルミのシングルガラスなので、開口部まわりも温度が低くなります。

この状態で浴室の暖房を入れて設定温度を上げても、体感温度は床や壁の表面温度によって決まるので、寒いままお風呂に入ることになってしまいます。

浴室での「ヒートショック」はこういった環境下で起こりやすくなります。

今回は2か所あった窓も1か所にして、アルミ+樹脂の複合サッシとして窓の性能も高めました。

また、床や壁が直接外部に接しないので温度低下を起こすことも少ないのですが、ユニットバスの保温対策も行いました。

それに加えてケア対策として縦横方向に手すりを設けて、お風呂に安心して入れるようにしました。

他の部分の工事がまだ続いていますが、早く使っていただきたいと思いました。


5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


吹抜け

吹抜けからリビング見る

吹抜け










ソーラーサーキットの住宅は、吹抜けを設けたりリビングアップの階段を設けたりして、上下階の空間を(空気と言ってもいいのかもしれませんが)つなぐような設計を多くします。

こうした設計は空間がつながることの解放感や、お子様を見守る動線ができるなどのプラスになることの方が多いです。

しかしながら室内の温熱環境を考えると、断熱・気密性能が低い家では熱が逃げたり(冬)、外部から熱が入ってきたり(夏)して必ずしも快適な空間にならないこともあります。

もちろん全館空調を行えば、そうした不安も解消できますが光熱費や機械式の冷暖房に頼りすぎるのも問題ですね。

ソーラーサーキットの家は断熱・気密性能を高めて、吹抜けやリビングアップの階段の設計を性能面から支えている工法です。


5月28日(土)、29(日)は設計相談会です。

土地(北名古屋市能田地区で60坪の住宅用地を2区画)の紹介もいたします。

人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。


livedoor プロフィール
Archives
サイトメニュー
コメントありがとう
トラックバック感謝
メンバーリスト