空ける

飾る













「壁に穴を空ける」。暴力的に穴を空けるのではなくて、意図的にあるいはデザイン的に空ける。

つまりは開口部ができるという事です。

そういう意味では漢字としては「空ける」ではなく「開ける」という方が適当なのかもしれません。

開口部にはドアや引き戸、サッシなど専ら移動や通風、採光などの機能的な要素が組み込まれることがほとんどですね。

この写真のように飾り窓として設ける例も時々ご提案させていただきます。

お客様が関心があって新居に飾りたいと思っていたケースや以前からお持ちのものでそれを利用したいというケースなど、飾り窓に至る発案は様々です。

しかしながら、どちらにしてもお客さまの強いご要望があってこそ実現できるものです。

我々が押し付けで造るものではなく、我々はこのブログに書いているように皆さんに情報発信して、イメージをお伝えするのが役割だと思います。

こうした部分はその家「らしさ」にもつながる要素です。

これからもいろいろな事例をご紹介していきたいと思います。

北名古屋市 で 注文住宅 は創業69年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

11月25日(土)・26日(日)は設計相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。