吹抜け手すり形状


吹抜けの手すり












リビングダイニングに吹抜けのある住宅を計画しています。位置や大きさ窓の配置などをスケッチや3D画像などで検討しています。

それらが決まると、さらに細部の検討をしていきます。

例えば吹抜けに面する手すりの形状。

写真のような縦格子の手すりや壁状になっている手すり、壁状の部分に穴を空けた手すりなど、様々な形状があります。

写真の縦格子の手すりは解放感があって、吹抜けに面する廊下やホールも明るくなります。昼間は照明がほとんど必要ありませんね。

でも注意が必要です。

高い所が苦手な方は手すり際に立つと怖いかもしれません。せっかくの開放的な廊下も手すりには近づけなくて、移動するにも壁際にそって歩くというのはいかにも不便ですね。

こうしたこともあるので、手すりの形状を決めるときにはお住まいになる方みなさんにお聞きすることが必要になります。

でもやっぱり開放的な手すりはいいですね。

北名古屋市 で 注文住宅 は創業69年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

3月24日(土)・25日(日)は設計相談会です。
24日(土)は当社敷地で「木のおうちマルシェ」を開催します。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。