欄間換気無双


無双












5月は夏日を記録する日もありますが、まだまだ湿度が真夏ほど高くないので日影に入ると心地いいですね。

湿度が高くない日には換気をして室内でも気持ちよくいたいものですね。

今の住宅はシックハウスの関係などで基本的に24時間の換気ができるようにする必要があります。主に換気の機器を使ってそれを行います。

昔の数寄屋造りや和風の建築では写真の欄間部分にあるスライド式の開口部「無双窓」が換気の役割を果たしていました。

湿度の高い暑い日や冬の日にはスライドして閉じることができます。

また深い軒の建物では普通の雨は降り込む心配がないので、開けたままでも大丈夫です。

開口の数も多く開けられるので、換気量も十分です。

優れた換気システムですね。

北名古屋市 で 注文住宅 は創業69年の大清建設(←ホームページに移動します)へ
会社の電話番号は 0568-23-9121

5月26日(土)・27日(日)は設計相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。