玄関ホール2つ

玄関








玄関ドアを開けると正面にアイストップの壁があります。

その壁を挟んで左右に戸があります。

一つはリビングへ至る戸。

もう一つは和室へ至る戸です。

昨日このブログでもお話ししましたが、自宅で法事や仏事を行う家では玄関ホールから直接和室へのルートを確保します。

昔の田舎の家はいわゆる「田の字プラン」で玄関から直接和室へつながっているケースが多く、仏事や法事などに加わらない子どもや家人は「だいどころ(台所)」でひっそりしていたものです。

昔の我が家でもそうでした。

お客様に運ばれていくお茶やお茶菓子などを横目に「早く終わらないかなあ・・・」などと余ったお菓子を食べながら考えていました。

普段家族がいるゾーンが仏事や法事に使われるとこのようになります。

最近ではこうした行事を自宅で行う例は少なくなりましたが、地域によってはまだ文化として残っています。

そうした地域の家では昔ながらの間取りではなく、普段の家族のゾーンもきちんと確保しつつ設計をします。

そうした設計が写真のような玄関ホールに2つの戸につながっているのです。

北名古屋市で注文住宅は創業71年の大清建設(←ホームページに移動します)へ


会社の電話番号はこちら:0568-23-9121

詳しくは:http://www.daisei-kensetsu.co.jp/mailform/contact.html

大清建設のインスタグラム:https://www.instagram.com/daisei_outi/

7月27日(土)・28日(日)は設計相談会です。


人気ブログランキング ←押すとブログランキングの順位がわかります。

名古屋からJリーグ参入を目指す「東海FC」

tokaiFC_234x60_a01 


大清建設も応援しています。